Skip to navigation メインコンテンツに移動
砂糖依存症から抜け出せ!30日間砂糖絶ちプログラム
3  

砂糖依存症から抜け出せ!30日間砂糖絶ちプログラム

geefee ポイント geefee ポイント

・砂糖は非常に中毒性のある物質
・砂糖を絶つと、身体の余分な脂肪が落とせ、集中力が向上し、気分が安定する
・「30日間砂糖絶ちプログラム」では、たっぷりの良質な脂肪とローカーボ食品を摂るのがポイント
・MCTオイルを活用すれば、砂糖の禁断症状を抑えることができる

 

ケーキやクッキー、アイスクリームなど甘いスイーツをついつい食べ過ぎてしまっていませんか? 砂糖は非常に中毒性の高い物質であり、「甘いものが止められない」という人は、すでに砂糖依存症と言っても過言ではありません。

そこで思い切って、30日間砂糖を絶ってみませんか? ここでご紹介するのは、米国の「シリコンバレー式」の本で知られるBulletproof社が推奨する方法。しっかりと理論を理解し段階を踏んで砂糖依存症から抜け出すことで、心も身体も格段にすっきりとしたあなたに生まれ変われるでしょう。

 

なぜ砂糖を絶つと身体によいのか?

「甘いものが大好き!」という方であれば、砂糖に中毒性があることは実感しているのではないでしょうか? 砂糖依存症の人が砂糖絶ちを試みると禁断症状が起こり[#]Lennerz, Belinda S., David C. Alsop, Laura M. Holsen, Emily Stern, Rafael Rojas, Cara B. Ebbeling, Jill M. Goldstein, and David S. Ludwig. 2013. “Effects of Dietary Glycemic Index on Brain Regions Related to Reward and Craving in Men.” The American Journal of Clinical Nutrition 98 (3): 641–47. 、依存症から抜け出すのがとっても大変。しかし砂糖(炭水化物も)を絶つことに成功したら、あなたの身体は以下のような劇的な変化を経験するでしょう。

  • 身体の余分な脂肪が落とせる[#]Vermunt SH, Et al. n.d. “Effects of Sugar Intake on Body Weight: A Review. - PubMed - NCBI.” Accessed January 28, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12760444.
  • (脳の炎症が減少することにより)集中力がアップし、気分が安定する[#]Gao, Yuanqing, Maximilian Bielohuby, Thomas Fleming, Gernot F. Grabner, Ewout Foppen, Wagner Bernhard, Mara Guzmán-Ruiz, et al. 2017. “Dietary Sugars, Not Lipids, Drive Hypothalamic Inflammation.” Molecular Metabolism 6 (8): 897.
  • お腹が空かなくなり、食べ物への欲求や執着が減る[#]Lennerz, Belinda S., David C. Alsop, Laura M. Holsen, Emily Stern, Rafael Rojas, Cara B. Ebbeling, Jill M. Goldstein, and David S. Ludwig. 2013. “Effects of Dietary Glycemic Index on Brain Regions Related to Reward and Craving in Men.” The American Journal of Clinical Nutrition 98 (3): 641–47.
  • 血糖値が安定し、エネルギーに満ちた1日を過ごせる[#]Thayer, R. E. n.d. “Energy, Tiredness, and Tension Effects of a Sugar Snack versus Moderate Exercise. - PubMed - NCBI.” Accessed January 28, 2019.

 

あなたの身体が砂糖なしの生活に慣れるのには、個人差はありますが、約2週間はかかる覚悟が必要。そこで、この記事でおすすめする「30日間砂糖絶ちプログラム」は、この開始当初の辛い時期をバッチリ乗り越えることを意識して組み立てられています。今から1カ月に渡って、この段階を踏んだプログラムを試してみてください。砂糖依存症から脱却し、身体をより強くする食物を取り入れ、心身のパフォーマンスを向上スパイラルに乗せましょう!

 

第1~7日目「砂糖は捨てて、もっと脂肪を摂ろう!

まずはキッチンにある砂糖とハイカーボ食品(高炭水化物食品)を処分してください。食品の裏にあるラベルをチェックして、砂糖が含まれていたり、パスタやポテトチップスのようなハイカーボ食品は、すべて廃棄するのです。

また天然の甘味料も、その多くは本質的に砂糖と変わりありません。例えば健康的なイメージのあるナツメヤシ、はちみつ、ココナッツシュガー、メープルシロップ、アガベシロップなど、すべて砂糖と同じようなものですのでご注意を。

-関連記事- 「「シリコンバレー式」甘味料マップ~完全無欠甘味料で砂糖を断つ!

目安として、1日の砂糖の摂取を20g以下、炭水化物は50gから150gまでの範囲内に。健康的な食品にも多少の砂糖は含まれています。目的は砂糖を完全にカットすることではなく、砂糖を制限することで、血糖値を安定させることにあるのです。

次に高脂肪、高タンパク質の食品や野菜を購入してください。具体的には以下のような食品をおすすめします。

  • グラスフェッドビーフ・ラム肉
  • 天然のサーモン
  • 放牧された豚からつくられたベーコン
  • 放し飼いで育てられた鶏の卵
  • 生のナッツ
  • グラスフェッドバター・ギー
  • オリーブオイル
  • ココナッツオイル
  • アボカド
  • ブロッコリー、カリフラワー、ほうれん草、フェンネル、キャベツなど栄養価が高くローカーボな野菜

 

avocado

olive oil

 

第8~14日目「砂糖禁断症状を乗り越えよう!」

砂糖には中毒性がありますから、砂糖を摂らなくなると禁断症状が出現します[1]。砂糖絶ちを2~3日続けると、以下のような症状が起こることがあります。

  • 元気がなくなる
  • 気分が落ち込む
  • 炭水化物や甘いものが強烈に食べたくなる
  • 頭痛
  • 睡眠障害
  • ぼんやりする

 

ここが踏ん張りどころ。数日後には症状は治まってくるはず。この期間の禁断症状を乗り越えるには、次の3つの方法があります。

①「(カロリー計算をせず)良質な脂質をたっぷりとる」
朝は完全無欠コーヒー、昼と夜には良質な脂肪たっぷりの肉、バター、そして野菜を食べるようにしましょう。砂糖絶ちの期間は、カロリーのことは考えないで、満足するまで脂質をたくさん摂ってください。脂質とタンパク質、繊維質で食欲が抑えられます。

-関連記事- 「完全無欠バターコーヒーをおさらいしてみよう!」 
-関連記事- 「種類さまざま!「脂質」についておさらいしよう!

②「すべての油をMCTオイルに置き換える」
MCTオイル[link to article]は肝臓ですぐにエネルギーとなる特別な油です。MCTオイルは、飢餓ホルモンを抑制し、食欲を抑えてくれます。砂糖の禁断症状を乗り越えるためにも、食事にMCTオイルをかけてみてください。

-関連記事- 「ココナッツオイルを越えると話題のMCTオイルの5つの効能とは?

③「良質な軽食を用意しておく」
砂糖の禁断症状が出ているときには、手軽に食べれる高タンパク質、ローカーボ(低炭水化物)の軽食を常備しておきましょう。例えば、グラスフェッド肉のスティックやソーセージ。チーズを食べるならなるべくグラスフェッド製を。生のナッツ、ナッツバター、ダークチョコレート(78%以上カカオ)などがおすすめです。MCTオイルの錠剤もあります。ハイカーボ食品を欲するときには、高脂肪食品を摂る。この作戦は、予想以上に効果がありますよ!

-関連記事- 「チョコレートに秘められた健康効果・効能。4000年愛される理由。

砂糖絶ちプログラムが始まって2週目(第8~14日目)が一番大変な期間。しかし、一度この禁断症状を乗り越えたら、驚くほど心地よくなるでしょう。

 

dark chocolate

 

第15~30日目「新しい自分に生まれ変われる!」

第15日目までに、砂糖の禁断症状は治まり、もう完全に砂糖やハイカーボ食品の欲求はなくなっているはずです。「夜寝る前にクッキーを食べたい!」と悩まなくてもいいのです。もはや食べたくなくなっているんですから。

「30日間砂糖絶ちプログラム」の後半頃には、気分がどんどん良くなり、あなたは精神的に非常に落ち着いた状態で、エネルギーに満ちあふれ、身体の余分な脂肪は落ち、炎症が治まり、夜もぐっすり眠れるなど、たくさんの変化があるでしょう。

この30日間砂糖絶ちプログラムをきっかけに、以下のような食事法や健康法を試すことで、どれが自分の身体に合っているのかを知る良い機会になるかもしれません。

 

砂糖の中毒性は非常に強く、市販の調味料や加工食品などにも潜んでいるので、気が付かない間に砂糖依存症になっているかもしれません。思い切って「30日間砂糖絶ちプログラム」にチャレンジして、新しい自分に生まれ変わってみませんか?

 

no sugar