Skip to navigation メインコンテンツに移動
コンブチャや黒酢などの脂肪燃焼ダイエット食品。その効果は?
19  

コンブチャや黒酢などの脂肪燃焼ダイエット食品。その効果は?

geefee ポイント geefee ポイント

・ネットやメディアで頻繁に取り上げられている脂肪燃焼ダイエット食品の効果とは?
・脂肪燃焼の効果の科学的根拠はほとんどないクエン酸やコンブチャや黒酢
・脂肪燃焼効果が期待できるケトジェニックダイエット+MCTオイル
・カロリーだけが消費される脂肪燃焼スープダイエット

 

日本で販売されているダイエット食品の中に、脂肪燃焼や脂肪減少をキャッチフレーズにした商品をよく見かけます。多くのメディアでも取り上げられているので目にしたことがある人も多いと思います。できるだけ簡単な方法でダイエットを成功させたい気持ちは分かりますが、脂肪燃焼を促進すると言われているこうした商品は果たして効果があるのでしょうか?今回は、脂肪燃焼を促進すると言われている食品をピックアップし検証していきます。

 

クエン酸

以前の記事でも特集したクエン酸。脂肪燃焼などの効果があると言われています。クエン酸はエネルギー代謝の促進やフルーラジカルによる損傷から体を保護する効果が期待できますが、残念ながら脂肪燃焼の効果の科学的根拠はほとんどありません。クエン酸を摂取したからといって痩せるというのはちょっと信憑性に欠けると言えます。また、クエン酸には人工的に製造された食品添加物と天然由来の二種類があります。体には必要不可欠な物質ではあるので、摂取するのであれば可能な限り人工のものではなく天然のものを。過去記事を参考にしてみてくださいね。

【関連記事】「食品に含まれているクエン酸には健康に良いものと悪いものの2つのタイプがあることを知っていましたか?

 

コンブチャ 

アメリカのセレブなどの間で少し前に人気があったコンブチャ。昆布のお茶と混同されがちですが、コンブチャは、紅茶キノコを発酵させた飲み物で昆布とは一切関連がありません。その製造過程における発酵の際に、砂糖やハチミツなどが加えられるため基本的には糖質が含まれています。このコンブチャの脂肪燃焼の効果に関する確かな研究結果はなく、コンブチャに含まれているプロバイオティクスが腸内環境を整え脂肪の蓄積を防ぐ効果がある可能性のあることからダイエット食品として拡散されたようです[#]Kadooka, Y., M. Sato, K. Imaizumi, A. Ogawa, K. Ikuyama, Y. Akai, M. Okano, M. Kagoshima, and T. Tsuchida. 2010. “Regulation of Abdominal Adiposity by Probiotics ( Lactobacillus Gasseri SBT2055) in Adults with Obese Tendencies in a Randomized Controlled Trial.” European Journal of Clinical Nutrition 64 (6): 636–43. 。コンブチャ自体、抗酸化作用[#] Cutler, R. G. 1991. “Antioxidants and Aging.” The American Journal of Clinical Nutrition 53 (1 Suppl). https://doi.org/10.1093/ajcn/53.1.373S. や血糖値の低下を促進[#]Sivamaruthi, Bhagavathi Sundaram, Periyanaina Kesika, Mani Iyer Prasanth, and Chaiyavat Chaiyasut. 2018. “A Mini Review on Antidiabetic Properties of Fermented Foods.” Nutrients 10 (12). https://doi.org/10.3390/nu10121973. などの研究結果が報告されていますが、市販されているコンブチャのほとんどは以下のような添加物だらけ。

 

原材料名
イソマルトオリゴ糖液糖、ガラクトオリゴ糖液糖、食物繊維、有機アガベシロップ、りんご酢、植物発酵エキス(りんご、オレンジ、バナナ、キウイフルーツ、ゴマ、カシューナッツ、大豆、やまいもを含む)、カムカム果汁、ココナッツウォーターパウダー、トウガラシエキス、アサイーエキス、L-シトルリン、ショウガエキス、トルラ酵母エキス、ルイボス茶エキス、パン酵母エキス、ローズヒップエキス、ハイビスカスエキス、乳酸菌末(殺菌)、植物性乳酸菌末(殺菌)、マキベリーエキス/クエン酸、香料、甘味料(ステビア)、緑茶抽出物、保存料(安息香酸Na)、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB2、葉酸

 

添加物入りのジュースを飲んでいるようなものなので、こういった商品で脂肪燃焼や健康効果が期待できるかどうかは大いに疑問です。無添加でファスティングに最適ということが謳われている商品もありますが、結局のところ砂糖が入っているため、ファスティングの観点からみると、無糖のバターコーヒーを飲む方が断然おススメです。天然素材のコンブチャを自分で作る事もできますが、有害なバクテリアやカビが発生しないように管理するのは難易度が高いためあまり現実的ではないかも[#]Lee, Stephanie. 2016. “The Health Risks of Brewing Kombucha, and How to Do It Safely.” Lifehacker. December 9, 2016. https://lifehacker.com/the-health-risks-of-brewing-kombucha-and-how-to-d....

 


 

 

黒酢などのビネガー

コンブチャと同様に発酵食品の1つである黒酢。穀物や果実を発酵させて製造されます。この黒酢も脂肪燃焼効果があるダイエット食品として日本で一時話題になりました。実際に研究では、エネルギーの代謝の促進や体脂肪の減少などの効果が期待できると言われています[#]“[黒酢含有食品の体脂肪及びエネルギー代謝へおよぼす影響].” n.d. Accessed June 23, 2021. https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcam/11/1/11_67/_pdf. 。アップルサイダービネガーの研究でも、1日に大さじ2杯程度の酢を毎日3ヵ月飲んだ人の体重が1キロ~2キロ減少したということが報告されています。しかし、酢酸の摂取過多は、歯のエナメル質の侵食[#]Zahara, Abdul Manaf, Lee Mei Tee, Muhammad Ali Nor Hazirah, Samynathan Selvamary, Jie Ying Phor, Ismail Noor Hasnani, Yong Bibiana Hui Ying, Yeo Wei Seng, and Yahya Nurul Asyikin. 2012. “Relationship between Food Habits and Tooth Erosion Occurrence in Malaysian University Students.” The Malaysian Journal of Medical Sciences: MJMS 19 (2): 56. 、低カリウムレベルによる骨量減少[#]Lhotta, Karl, Günther Höfle, Rudolf Gasser, and Gerd Finkenstedt. 1998. “Hypokalemia, Hyperreninemia and Osteoporosis in a Patient Ingesting Large Amounts of Cider Vinegar.” Nephron 80 (2): 242–43. 、消化器不良[#]Darzi, J., G. S. Frost, R. Montaser, J. Yap, and Robertson. 2014. “Influence of the Tolerability of Vinegar as an Oral Source of Short-Chain Fatty Acids on Appetite Control and Food Intake.” International Journal of Obesity 38 (5). https://doi.org/10.1038/ijo.2013.157. などの健康リスクも伴う可能性があります。3ヵ月で数キロの減量のために毎日あまり美味しくない黒酢を飲み続けるからにはこうしたマイナス点があるのはちょっと問題あり。ちなみに、市販されている黒酢ダイエットドリンクなどの商品はコンブチャと同様に添加物だらけのものが多いので要注意です。

酢自体は、適度な量であれば体に悪影響を与える食品ではないので、料理に使用する程度に抑え、脂肪燃焼を期待してガブガブ飲むのは長期的に考えたら得策ではないかも。ある程度美味しくないとダイエットは続かないことと、逆に美味しいダイエット食品にはなんらかの添加物が加えられている可能性があることを覚えておきましょう。

 

 

MCTオイル

脂肪燃焼効果がここ最近日本でも話題になっている中鎖脂肪酸のMCTオイルは、体内に蓄積した脂肪をエネルギー源として代謝することを促進し[#]Mumme K, Stonehouse W. Effects of medium-chain triglycerides on weight loss and body composition: a meta-analysis of randomized controlled trials. - PubMed - NCBI [Internet]. [cited 7 Mar 2018]. Available: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25636220 、糖質制限などの際に体のエネルギー源としてブドウ糖の代わりに使用されるケトン体の生産を助ける役割もあります。このケトン体の燃料は脂肪なので、MCTオイルを摂取することで脂肪燃焼の促進が期待できます。よって、炭水化物ではなく脂肪をエネルギー源としているケトジェニックダイエットにより体がケトーシス状態に入っていると脂肪燃焼の効果が最も発揮されますので、中程度以上の炭水化物を摂取している人は、ブドウ糖が優先的にエネルギーとして使用されMCTオイル(脂肪酸)が体に貯蔵されてむしろ太ってしまうであろうと指摘されています。MCTオイル自体はさまざまな効果が期待できる良質な脂肪酸ですので、他の健康効果も期待できますが、脂肪燃焼目的でMCTオイルを摂取するのであれば、ケトジェニックダイエットを取り入れていないとかえって逆効果であることを認識する必要があります。ケトジェニックダイエット+MCTオイルは実際に体重減少の効果が実感できますよ!

【関連記事】「ココナッツオイルを越えると話題のMCTオイルの5つの効能とは?

 

脂肪燃焼スープダイエット

ここ最近、インターネットの記事などでも頻繁に掲載されている脂肪燃焼スープダイエット。1週間のうちに好きなだけ飲むことができる野菜スープに加えて、1週間の前半が1日3食を野菜と果物中心のメニュー、後半に肉を少々と野菜といった変則的な食事メニューが特徴的です。このダイエットの期間は約1週間。研究では最大4キロの減量に成功したというデータもありますが、スープが脂肪を燃焼するわけもなく、あくまでもカロリー不足による結果です。肉などから得ることができる必要な栄養素も不足するため長期的なダイエットには向いていません[#]“Soup Diet Review: How Safe And Effective Is It?” 2020. June 2, 2020. https://betterme.world/articles/soup-diet/. 。キャベツスープダイエットなど、限られた食べ物だけ食べるという制限ダイエット全般に同様のことが言えます。一時的に痩せたとしてもスープダイエット後の食事メニューが基に戻ればリバウンドは必須。栄養失調状態なので食欲が倍増してリバウンドが激しくなる傾向があるのもこうしたダイエットの特徴です。そもそもこのスープダイエットには糖質制限が含まれていますが、上記で述べたMCTオイルや肉などの脂肪やタンパク質を取り入れたケトジェニックダイエットを実践する方が断然おススメ。食事に対する満足感を得られるためリバウンドを防ぐことができますし、長期的ライフスタイルに比較的スムーズに取り入れることができます。

【関連記事】「「お肉は体に悪い」って本当かウソか?健康的なお肉の食べ方。

 


 

 

まとめ~コンブチャや黒酢などの脂肪燃焼ダイエット食品。その効果は?~
楽して効果を実感したい減量のためのダイエット。特定のダイエット食品を食べるだけで痩せられるのであればそんな嬉しい話はありません。でも、実際は思ったほど単純ではありません。ダイエット食品は研究結果の一部を取りだして誇張しているだけのものがほとんど。それだけを食べれば痩せるわけではなく、痩せたとしても長期的に考えたら不健康そのもので激しいリバウンドのリスクも。無理なダイエットは結果的に体を壊します。もし、脂肪燃焼効果を期待したいのであれば、多くの人にとって、プチ断食やケトジェニックダイエット+MCTオイルが長期的に考えても現実的かも。どちらにせよ、添加物だらけのダイエット食品から卒業することからはじめましょう。
 

コメント

コメントを追加