Skip to navigation メインコンテンツに移動
バターコーヒーが楽しめるハワイのワイキキのコーヒースタンド「The Sunrise Shack」
1  

バターコーヒーが楽しめるハワイのワイキキのコーヒースタンド「The Sunrise Shack」

 

アメリカの実業家、「デイヴ・アスプリー」が、2014年にベストセラー『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事(The Bulletproof Diet)』を出版。それ以来、コーヒーにグラスフェッドバターとMCTオイルを入れて代謝を促進できるバターコーヒーが日本でも静かに流行し、これを専門に扱う「COFFEE MAFIA」や「最強のバターコーヒー」などのカフェがオープンし、geefeeでも以前に紹介させて頂きました。

アメリカでは、本家「Bulletproof Coffee」をはじめ、バターコーヒーを扱うカフェが多数ありますが、今回は、日本の観光客も多いハワイのワイキキビーチで出会った「The Sunrise Shack」をご紹介します。

ハワイのワイキキのアウトリガー・ホテルの入り口にある超人気店のこの「The Sunrise Shack」では、アサイーなどを使用したフルーツジュースやサラダ、ライスボウルなども提供していますが、geefeeとして一番のオススメは、このお店で「BULLET COFFEE」と呼ばれているバターコーヒー。

 

 

しかも、ここのバターコーヒーは、通常のバターコーヒーに様々な味の工夫を施しています。

以前、geefeeが独自にアレンジしたバターコーヒーのバージョンをご紹介しましたが、このSunrise Shackではベースとなる通常のバターコーヒーにアーモンドバターやマカダミアバターやシナモンを加え、更にバニラやマカやターメリック、ノムシタケなどのスーパーフードのトッピングが可能で、好きなようにアレンジして飲むことができます。

 

 

 

今回は、

コーヒー+MCTオイル+グラスフェッドバター の従来のバターコーヒーに

にアーモンドバターとシナモンが加わっているAlmond Bulletというメニューに、更に

マカデミアナッツバターとコラーゲンをトッピングで追加。

 

大量の健康的な脂肪分とコラーゲンがミックスされていることで、コーヒーのドロドロ感がすごいことになり、口に広がる風味豊かなアーモンドとマカデミアナッツがアクセントになってやみつきになる美味しさでした!帰国後、同様の原材料を使って作ってみたら、同じように超おいしかったです。ポイントは、通常のバターコーヒーにナッツバター(小さじ1-3程度)とシナモン(軽く一振り)を追加すること。コラーゲンはほぼ無味無臭なので、味にはほぼ影響なし(体にはいいけど)。皆さんもよかったらご自宅で挑戦してみてくださいね。

9種類ある「BULLET COFFEE」に加えて、トッピングが12種類と豊富なため、毎日でも立ち寄っていろいろなパターンを楽しみたくなります。アイスコーヒーにもできるのですが、ちょっと水っぽさがあり物足りないかも?

 

最高に気持ちいいハワイのビーチで頂くバターコーヒーは格別です!

ハワイに行った際には、是非、立ち寄ってみてくださいね!

 

 

ちなみに、日本にもSunrise Shackのお店がいくつかあるようですlink。近々レビューしたいと思いますのでお楽しみに。

 

SHOP INFO
「The Sunrise Shack」
住所 2335 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815

「The Sunrise Shack」のコーヒースタンドが日本にも上陸!