Skip to navigation メインコンテンツに移動
Bulletproof “バイオハッキング コンファレンス”  2017年10月13日~15日
0  

Bulletproof “バイオハッキング コンファレンス” 2017年10月13日~15日

Bulletproof “バイオハッキング コンファレンス” 
2017年10月13日~15日 カリフォルニア パサデナ コンベンションセンター

 

先月10月13日~15日にカリフォルニアのパサデナで開催されたBulletproof Biohacking Conference2017。昨年の2016年は2500名ものバイオハッカーズが世界中から集まり大盛況だったこのコンファレンスにgeefeeスタッフ3名で3日間に渡り体験してきました。今回はその現地リポートをお届けします!

Bulletproof Biohacking Conferenceとは?

このイベントは、あの「THE BULLETPROOF DIET (邦題:シリコンバレー式 自分を変える最強の食事)」の著者でもあるデイブ・アスプリーが主催し、バイオハッキングやシリコンバレー式に関連したワークショップや専門家による講演会、最先端の健康機器や健康食品などの展示・販売等、世界中のバイオハッカーと共に学習、交流、共有しようというイベントで、2013年にスタートしてから今回で5回目を迎えます。

開催地のパサデナはどんなところ?

コンファレンスが行われたのはロサンジェルス空港から車で40分、ダウンタウンからは約20分位のところにある「パサデナ」。この地域の中で比較的歴史の古い町で、古いレンガの建物やアンティークショップなどがところどころ見られ、オールドタウンなるエリアもあります。

 


元ホテル、現マンション・社交場の1888年に建てられたキャッスルグリーン

 

会場となるパサデナ コンベンションセンターへは、ゴールドラインと呼ばれる電車でも行く事が可能で駅から徒歩10分程度。車がマストと言われるロスでこのアクセスは非常に助かります。周りにはショッピングモール。目の前には公会堂。静かでクリーンなエリアです。

 


コンファレンスの最寄り駅のDel Mar(デルマー)駅

 


Pasadena Civic Center(パサデナ シビック センター)

 


会場の目の前にあるレストラン街・ショッピングモール

 

さすがはカリフォルニア。天候が良い!良過ぎる!照り付ける太陽を浴びながら会場入りしました。

 


今回の会場となったExhibit Hall & Ballroom(展示会場)

 

“バイオハッキング コンファレンス” へいざ潜入!

 


会場の受付

コンファレンス会場内は大きく5つ分かれていて、Main Stage、三つのBallroomでは主に講演会やQ&Aセッション。Tech Hallでは、最新の健康機器や食品、サプリメント等、バイオハッキング関連のワークショップや商品販売のブースが立ち並び、ホール内のみならず、通路にも多くのブースを見る事が出来ます。

 


Tech会場内のブース

 


講演会等が開催されていたメイン会場

 


通路にも関わらずブースやショップがたくさん

 

会場を歩いていると無料で配られているシリコンバレー式コーヒーブースを発見しました!やはりこれが無いと始まりません。本場の完全無欠コーヒーに感激、感動しながらこれからの3日間、常に片手にコーヒーを持ち歩いていたのは言うまでもありません!

 


シリコンバレー式コーヒーブース

 

Tech Hallにはクッキングエリアがあり、ライフスタイルのバーチャルアシスタントアプリケーション「VOLV」の創設者でもあるBrent Tottyによるクッキングデモ。

 


Brent Tottyによるクッキングデモ

 

アボカド料理を調理していたようで、出来上がった料理が配られていましたが、なんと自分の一人手前で売り切れ!隣で美味しそうに食べているのを写真だけ撮らせて貰いました(笑)。

 

 


会場で配られたアボカド料理

 

最新バイオハッキングデバイスにチャレンジ!

このコンファレンスの最大の特徴が、最新のテクノロジーを駆使したバイオハッキングデバイスの展示・販売。会場には100近くの数のブランドのブースが軒を連ねています。生活モニタリングデバイス「OURA」、自然素材を使用し密閉型マットレスを使用しないオーストリアの超高級ベッド「SAMINA」、ミトコンドリア注射や宇宙服のような酸素カプセル「OXY HEALTH」、電磁波があまり出ないように設計された近赤外白熱電球サウナの「SAUNASPACE」等、日本ではまだ見かける事が出来ない機器がほとんど。色々面白いものがあり過ぎてソワソワしてしまいます(笑)。

 

 


生活モニタリングデバイス「OURA」

 


身体が調和的にフィットするベッド「SAMINA」

 


酸素カプセル「OXY HEALTH」

 

その中でも気になったのが、振動によって痛みを和らげるといわれている「Rapid Release Massager(ラピッドリリースマッサージャー)」。100〜200Hzの間で筋肉に振動を加え、速やかに筋肉を弛緩させるトニック振動反射を引き起こし、更には血流を増加させ、緊張を緩和する強力な業務用マッサージ機のようなもの。実際に元々痛みを持っている腰の辺りに当てて貰いましたが、物凄い細かい振動が腰以外にも響き渡り心地良かったです。腰も少し楽になったような。旅の疲れもちょっとだけ解消。

 


「Rapid Release Massager(ラピッドリリースマッサージャー)」

 


こんな感じでみなさん実際に色々なブースで試していました

個人的に物凄く効果を実感したのがリラクゼーション効果を促進するデバイス「NuCalm」。これは、微小電流刺激パッチを耳の後ろに付け、専用のヘッドフォンを着用してリラクセーションに適した音楽を聴き、アイマスクをし体を楽にして20分間横になります。自分が今どこにいるのか分からなくなるような錯覚のまま、眠る寸前の心地良い状態がずっと続きます。体は完全にリラックスした状態で、体が温かくなり宇宙にいるような感覚に。たったの20分間で本当に疲れが取れました。これには納得。この後も一日終始笑顔で過ごす事が出来ましたよ。

 

 


リラクゼーション効果を促進するデバイス「NuCalm」

 

その他、geefeeスタッフも色々とチャレンジし幾つか購入もしたので今後レビューなどでまたお伝えしていきたいと思います。

 

さまざまな分野の専門家による講演会

このコンファレンスは、色々なデバイス体験をするだけではなく、本の著者、医師、起企業家、サイコセラピストなどの著名人が各々の分野に関して講演会やQ&Aセッションなどを開き勉学やアドバイスの共有もします。中でも楽しみにしていたのが個人的にほぼ毎日見ている健康サイト「Mercola」の運営、アドバイザーでもある医者の「Dr. Mercola(ドクターマコーラ)」の講演会(本人を拝見出来たのにはかなり興奮しました!)。ファスティングの方法や、幹細胞移植の事など、バイオハッキングをトピックにした話を中心に1時間位の講演。一番興味深かったのが、電動歯ブラシや携帯電話など普段の生活の中に潜む見えない電磁波が健康リスクを引き起こしている現状があるというお話。電磁波は目に見えないだけに、実際にどのような事が体に悪影響を起こしているか分かりにくい部分はありますが、日本に帰宅後、就寝時に携帯をフライトモードにし、部屋のブレーカーをオフにして寝たら、かなり心地の良い静かな眠りにつけたので、皆さんも試してみてはいかがでしょうか?この電磁波に関しては、今後も記事で取り上げていこうと思います。ちなみにこのDr. Mercolaはかなりの人気のようで、この後のQ&Aセッションでは、会場に入りきれない位の多くの人で溢れていました。

 

 


スクリーンには講義の内容

 

もちろん今回の主催者でもあるデイブ・アスプリーも毎日メインステージに登場し、ロックスターのような喝采に迎えられながら、講演やMCトークで会場を盛り上げていました。

 

 


デイヴ・アスプリー

最終日は朝早く起きてYOGA教室へ。男子も女子もみなさん本当に綺麗な良い体をしています。というか、ここの会場にいる人達のほとんどが、若い人も70超えの年配の方も、きれいに締まった体形をしています。肥満率がとても高い米国なのに、このコンファレンスだけは別世界のようです。それもそのはず、ここはアメリカとはいえどもBulletProofコンファレンス。しかも、外見だけではなく、みんなとにかく穏やかで優しい笑顔が絶えない。会場内で何一つ嫌な空気感や敵意を感じる事がありませんでした。何とも言えないポジティブな空気がイベント会場全体を覆っている感じ。それって、シリコンバレー式に基づいた食事による健康的な体だけでなく、精神面も健康でいるという事なのだと納得しました。

知識や経験や技術などを共有するだけでなく、こういうポジティブな空気をも共有出来る事が、健康ライフの次への第一歩の為に貴重な経験となるのだと思いました。

 

バイオハッキング コンファレンス!来年も行きます!