Skip to navigation メインコンテンツに移動
「シリコンバレー式」甘味料マップ~完全無欠甘味料で砂糖を断つ!
5  

「シリコンバレー式」甘味料マップ~完全無欠甘味料で砂糖を断つ!

geefee ポイント geefee ポイント

・アメリカの「完全無欠ダイエット」のBulletproof社のHPに掲載されている甘味料リスト
・砂糖の代わりに使える甘味料は意外にたくさんある
・完全無欠甘味料、疑わしい甘味料、毒性甘味料の3つに分けて紹介

 

さまざまな食品や料理に使用されている甘味料は、天然甘味料、人工甘味料の2つに大きく分けられ、細かく見ると多種多様のタイプがあります。料理やスウィーツや飲み物を美味しくしてくれる甘味料ですが、できればより身体に良い物を選択したいところ。でも種類が多すぎてよくわからないという方も多いのでは? そこで今回は、米国のシリコンバレー式ダイエットの甘味料マップをご紹介します。

 

砂糖の摂りすぎはさまざまな病気・不調の原因に

まず、砂糖過多を避けるべき理由をおさらいしておきましょう。砂糖の摂取過多は、血糖値を乱高下させ、ホルモンバランスを崩し、肥満、糖尿病、体重増加、心臓病、肝臓障害、炎症、虫歯の原因になります。

また、砂糖には中毒性があるため、摂取量を減らすのが難しく、むしろどんどんエスカレートしがち。そこで登場するのが砂糖以外の甘味料です

 

「シリコンバレー式」甘味料マップとは?

聞いたことのある甘味料から聞き慣れない甘味料まで全20種類を「グリーン」(身体に比較的安全と考えられるもの)、「イエロー」(安全性が疑わしいもの)、そして「レッド」(避けるべきもの)の3つのカテゴリーに分けたマップです。それぞれの並び順も、上からBulletproof(ブレットプルーフ)社が良いと考える順に並んでいます。

 

<グリーン>身体に比較的安全と考えられる甘味料

-マイトスイート(Mitosweet)-
これはBulletproof社の製品の商標名で、物質などの一般名称ではありません。Dリボース、エリスリトール、羅漢果が主な成分。

-キシリトール-
血糖値にほぼ影響なし。虫歯菌を抑制。味も良し。でも腸内でガスが発生しやすい人など、胃腸のトラブルのある人は量に気を付けて。甘みの強さは白糖と同程度。あと、犬にとっては猛毒なので絶対に食べさせないこと。

-エリスリトール-
キシリトールと同じように量に注意が必要ですが、胃腸への悪影響は少し低め。焼き菓子などの料理にも使えます。

-ステビア-
甘みがとても強いので使い過ぎに注意。虫歯の原因にはなりません。他の多くの甘味料と比べ、味はちょっと落ちますが、気にならなければ悪くない選択です。

-モンクフルーツエキス(羅漢果)-
モグロシドという物質からできている。ステビアと同じくらい強い甘み。ネズミのがんの増殖を抑える効果が認められている。

-ソルビトール、マルチトール、マンニトールなどの糖アルコール-
上記のキシリトールやエリスリトールも糖アルコールですが、胃腸への悪影響がより強いという理由で、これらは優先順位が少し下がります。

-生ハチミツ-
果糖やブドウ糖により構成されるため、おススメできないはずなのに、無数の微量のビタミン、ミネラル、その他の健康に有益な物質が入っており(特に色が濃いハチミツほどこれらの物質が多いと考えられている)、あえて「グリーン」に分類。ただし、加熱するとこれらの有益な物質の多くが分解されてしまうので、非加熱のものを選ぶこと。

 

 

<イエロー>安全性が疑わしい甘味料

-遺伝子組み換えでないデキストロースまたはブドウ糖-
それこそ砂糖なわけですが、たまに少量だけ摂る分にはクイックなエネルギー源としては悪くない(かも)。

-メープルシロップ-
果糖が若干少なめでミネラルも多少含まれますが、砂糖には違いないので要注意。摂るなら特別な時にだけ、100%天然のものを。

-ココナッツシュガー-
成分はほとんどショ糖。多少のミネラルは含まれるものの、健康に良いというわけではありません。

-ショ糖-
いわゆる白糖。どうしても食べたいなら少量を。

-ブラウンシュガー-
白糖とあまり変わりません。

 

 

<レッド>避けるべき甘味料

-アガベシロップ-
成分の大部分が果糖。果糖は血糖値を上昇させない代わりに、肝臓に負担をかけ、炎症や肥満、加齢現象の原因になり、白糖よりもむしろ健康に悪いのです。

-加熱したハチミツ-
生ハチミツの良い成分の多くが壊れてしまっているので、砂糖シロップのようなもの。

-果糖-
上述の通り、健康に悪い形態の糖類です。摂取量は一日25グラム以内にすること。

-濃縮フルーツジュース-
これも果糖中心。

-高果糖コーンシロップ-
遺伝子組み換えトウモロコシから作られます。可能な限り避けるべき。

-アスパルテーム(ニュートラスイート)-
飲料などに多く使われており、専門家によって発がん性があるという意見と、全く安全という意見とに大きく分かれる甘味料。でも、より健康に悪影響を及ぼす恐れの少ない甘味料と比べて、不自然な後味がするなど、使用する魅力に乏しい。

-スクラロース(スプレンダ)-
実験ネズミに対し発がん性があると言われています。また、人間にとっての長期的影響はまだわかっていませんが、体内での代謝の経路が不明な部分があり、ちょっと不安。腸内細菌にダメージを与え、加熱すると毒性のある物質が発生。薬のような味がするし、もっと良い選択肢がたくさんあるので、使用する理由が見つかりません。

-アセスルファムカリウム(Ace-K)-
ダイエットソーダなどによく使われています。安全性に関する研究は少ないものの、健康に悪いことを示唆する個別の体験談が多い。

 

ケトジェニックダイエット(高脂肪、低炭水化物のダイエット法。ケトン体ダイエットとも)を推奨するgeefeeとしては、砂糖は極力避けたい添加物のひとつ。特に人口甘味料が多く含まれている<毒性甘味料>は天敵です。

料理によっては、合う合わないはあるとは思いますが、極力<完全無欠甘味料>を使用するようにしてみてください。

 

【関連記事】「砂糖依存症から抜け出せ!30日間砂糖絶ちプログラム

 

「シリコンバレー式」の詳しい記事はこちら
「シリコンバレー式」の食事の作り方の記事はこちら
「シリコンバレー式」の減量法・食事法の記事はこちら

「シリコンバレー式」スパイス&ハーブ・マップ

「シリコンバレー式」アルコールマップ

「シリコンバレー式」ノンアルコール飲料マップ

「シリコンバレー式」調理法マップ

「シリコンバレー式」フードマップ

 

 

 

 


geefeeコンセプト

身体と心の健康を高めていくための実践的方法とその理論的背景を分かりやすくお伝えする健康情報サイト。完全オリジナル記事を無料で提供しています。どこの企業系列にも属さない独立の法人であるgeefeeは、ユーザーの心強い味方です。外部からの影響を受けず、商業的インセンティブも絡まない――だからこそgeefeeは信頼できる情報を皆様に提供し続けることができるのです。

geefeeで推奨している健康習慣は、低糖質ダイエットや糖質制限やパレオダイエットなどの食事法、スーパーフードやサプリ、予防医学の考え方など、世界の最新の健康情報に基づくもの。無理なく実行でき、効果が実感できたものだけを継続する。このプロセスを積み重ねていくことで、あなたの健康IQはどんどん上がり、自分だけの健康ライフスタイルが自然とデザインされていきます。あなたもgeefeeと共にヘルシーな上昇軌道に乗ってみませんか?