Skip to navigation メインコンテンツに移動
シリコンバレー式コーヒーの新レシピはgeefeeオリジナル!~geefee レシピ~
6  

シリコンバレー式コーヒーの新レシピはgeefeeオリジナル! ~geefee レシピ~

今やダイエット法や健康法として定番となりつつあるグラスフェッド・ギーとMCTオイルが入ったシリコンバレー式コーヒー。geefeeスタッフも基本的に毎朝美味しく頂いているわけですが、このシリコンバレー式コーヒー歴2年というスタッフのgeefee T。いくら美味しいコーヒーとは言え、さすがに2年もの間同じ味のコーヒーを飲むと飽きはくるものです。
 

選び抜かれた素材

 
ただ闇雲には選ばず、体と脳のパフォーマンスを高めるシリコンバレー式コーヒーの利点を保ちながら味を追及するのに理想的であろうと思われる素材を選択。それぞれの素材にそれぞれの特徴がありますが、どれもシリコンバレー式では「完全無欠」とされている素材達です。
 

素材1 グラスフェッドギー

 

素材2 MCTオイル

 

素材3 ペパーミント

 

素材4 バニラ

 

素材5 カルダモン 

 

素材6 クローブ

 

素材7 ターメリック(ウコン) 

 

素材8 チョコレート

 

素材9 ステビア

 

素材 10 カカオバター

 

素材 11 シナモン

 

 

 

今回、ベースとなるシリコンバレー式コーヒー(グラスフェッド・ギー+MCTオイル+高品質コーヒー)

 

詳しい作り方は本場のBulletproofをはじめ、色々なサイトやメディアで見る事が出来ますのでチェックしてみてくださいね。

 

このシリコンバレー式コーヒーをベースに、ペパーミント、バニラ、カルダモン、クローブス、ターメリック、カカオパウダー、ステビア、シナモンの8つの素材を組み合わせを色々組み合わせながら加え、シリコンバレー式コーヒーのgeefee版レシピを考案。それぞれの組み合わせに対しスタッフ全員で評価し、最も美味しいと思った組み合わせを各々2つ選び、集計しました。さて、選ばれた合計回数が多いレシピは? 

 

通常のシリコンバレー式コーヒーに_________を加える

レシピ 1) カルダモン

インドやスリランカなどが原産のショウガ科の多年草であるスパイスの一種で一瞬柑橘系のような独自な香りするカルダモン。中東などではコーヒーと相性がよいことで知られているそうです。使うのは小さじ4分の1ほど。

 

レシピ 2) カルダモン+ミント

カルダモンでは物足りない!という人には、スウィーツや料理に定番のペパーミント。純粋なエッセンシャルオイルですのでとても強力です。1滴で十分。

 

レシピ 3) クローブ

肉料理やカレーなどのスパイスとして使用されるクローブ。非常にクセの強い香りですが、なぜかコーヒーに混ぜると別世界が広がります。

 

レシピ 4) チョコレート+バニラ+ミント

クリーミーなシリコンバレー式コーヒーとマイルドなチョコレートとバニラにミントを足す事でバランスの良い飲みごしスッキリなコーヒーに。恐るべしミント効果。チョコレートはシリコンバレー式の100%カカオパウダーを使用。

レシピ 4-2)
少し甘味を加えるために、比較的身体に優しいと言われる天然の甘味料のステビアを入れてみました。ほんのり甘さが口に広がります。

 

レシピ 5) カカオパウダー+クローブ

全く真逆なイメージでもあるカカオとクローブスの組み合わせ。でも実はコーヒーに入れると風味が似ていて素敵な相乗効果を実感。

 

レシピ 6) ターメリック

健康効果が高いとして有名なターメリックを入れてみました。

 

レシピ 7) ターメリック+シナモン

ターメリックだけだとちょっと物足りなかったのでシナモンも追加。シナモンとコーヒーはもう定番なので、逆にシナモンで物足りない人にはこういったスパイスを足す事でいつもとは違うテイストのコーヒーに。

 

レシピ 8) バニラ+シナモン

割とイメージ通りの味わい?シナモンの量次第で味が大きく変わる印象。
 

 

更に色々試作!

当初、8種類のレシピのみでテイスティングをするつもりでいたものの、段々楽しくなってきてしまったgeefeeスタッフ一同。テイスティング中に、『あれはどう?』とか、『もっとマイルドに仕上げよう』などと色々なアイデアや意見が飛び出すなか、浮上してきた素材が「カカオバター」。ギーとは飽和脂肪酸という点で被ってしまうため、ギーの代わりにカカオバターを使ったコーヒーを試してみました。

 

レシピ 9) ギーなしカカオバター

ギーよりも一層クリーミーになる印象。ほのかなチョコレートの香りも。安定して飲みやすくスッと喉を通りますが、何か物足りない?

 

レシピ10)ギーなしカカオバタークローブ

カカオバターだけでは物足りなさを感じたため、クローブを足す事に。クローブの独特な苦みがカカオバターのチョコレート風味とうまく融合した感じ。

以上10レシピ。どのコーヒーも基本的には美味しく、極端に味のレベルが低いレシピはありませんでした。この中から、コーヒー好きのgeefeeスタッフ達により評判の良かった2つが選ばれました。

 

では、いよいよその選ばれた2つをご紹介しましょう!

 

 

1位 チョコパウダー+バニラ+ミント=チョコミントコーヒー

 

ダントツで1位を獲得。そもそもクリーミーなシリコンバレー式コーヒーにチョコレートとバニラを足す事で更にマイルド+クリーミーさが増し、そこにミントを足す事でアクセントとなり一気に味が締まります。昔食べたチョコミントを思い出し、何だかノスタルジックな気分に。朝でも昼でも疲れぎみな午後でもどんなシーンでも飲めそうなうえ、抗酸化物質(カカオポリフェノール)やマグネシウム、カルシウム、鉄、亜鉛などのミネラル類を多く含んだカカオや、抗酸化力を持ったミントやバニラを含んだこのコーヒーは、更なる健康効果が期待できます。

 

2位 ギーなし、カカオバター+クローブ=geefeeクローブコーヒー

 

最後の最後に思いついたこちらのレシピがなんと2位でした(笑)。ギーの代わりに入れたカカオバターがまた違ったマイルドな味わいを生み出し、他のレシピでも比較的人気が高かったクローブを入れる事で大人な味になります。
クローブは数あるスパイスの中でも抗酸化力が特に強く、
アップグレードカカオバターと共に、チョコミントコーヒー同様健康上の利点が得られます。

 

いかがでしたか?オーガニック、グラスフェッド、無添加など、安心素材にこだわって組み合わせたgeefeeオリジナルレシピは、味だけではなく、しっかりと健康効果も考え開発しました。

 

美味しく飲めてより健康に!

気になったレシピがあればご自宅でもチャレンジしみてはいかがでしょうか?