Skip to navigation メインコンテンツに移動
抗酸化作用が数百倍から数千倍!飲む日焼け止めとも呼ばれるアスタキサンチンとは?
2  

抗酸化作用が数百倍から数千倍!飲む日焼け止めとも呼ばれるアスタキサンチンとは?

geefee ポイント geefee ポイント

・ビタミンCの6,000倍もある抗酸化作用
・えびやかになどに多く含まれるアスタキサンチン
・天然の飲む日焼け止めとして美容効果も
・サプリメントは藻類由来のアスタキサンチンを

 

今回シェアするのは、天然の色素「アスタキサンチン」 について。ただの色素ではありません。その抗酸化能力は一般に抗酸化作用があるとされる物質をはるかに凌ぐことも!その効果は健康から美容に関わる分野にまで広く渡ります。ではその効果と効率的な摂取方法を一緒に学びましょう!

 

アスタキサンチン ~その正体と効果~

アスタキサンチンとは1938年に発見された天然の色素物質。ニンジンやかぼちゃに含まれるβ-カロテンやトマトのリコピンなどと同じく、黄色・橙・赤などを示す天然の色素であるカロテノイドの一種で、様々な健康効果が明らかになっています。目の疲労改善や眼精疲労から来る肩こり・腰痛の軽減[#]長木康典, 塚原寛樹, 吉本谷博 and 増田寛次郎. アスタキサンチン含有食品が調節機能および疲れ眼に及ぼす影響. 眼科臨床紀要. 2010: 3(5); 461-468. 、筋肉疲労の回復[#]澤木啓祐. アスタキサンチンのスポーツパフォーマンスに及ぼす影響-運動選手の視機能と筋肉疲労回復に対する効果について. 臨床医薬. 2002: 18; 1085-1099. の他、動脈硬化や高血圧の予防[#]Kishimoto Y, Tani M, Uto-Kondo H, Iizuka M, Saita E, Sone H and Kondo K. Astaxanthin suppresses scavenger receptor expression and matrix metalloproteinase activity in macrophages. European journal of nutrition. 2010; 49(2):119-126.  [#]Hussein G, Nakagawa T, Goto H, Shimada Y, Matsumoto K, Sankawa U and Watanabe H. Astaxanthin ameliorates features of metabolic syndrome in SHR/NDmcr-cp. Life sciences. 2007; 80(6): 522-529. 、認知機能の改善[#]Katagiri M, Satoh A, Tsuji S and Shirasawa T. Effects of astaxanthin-rich Haematococcus pluvialis extract on cognitive function: a randomised, double-blind, placebo-controlled study. Journal of clinical biochemistry and nutrition. 2011 1203270150-1203270150. 、糖尿病や認知症、 サルコペニア(加齢による筋肉量の減少)の改善[#]Ishiki M, Nishida Y, Ishibashi H, Wada T, Fujisaka S, Takikawa A and Tobe K. Impact of divergent effects of astaxanthin on insulin signaling in L6 cells. Endocrinology. 2013; 154(8): 2600-2612. など、予防分野での活用も期待されています。

アスタキサンチンの健康・美容に関わる商業的な利用は90年代初頭から増え始め、ミトコンドリアの機能向上[#]Manabe E, Handa O, Naito Y, Mizushima K, Akagiri S, Adachi S and Yoshikawa T. Astaxanthin protects mesangial cells from hyperglycemia‐induced oxidative signaling. Journal of cellular biochemistry. 2008; 103(6), 1925-1937. 、運動のエネルギー源となる脂肪の利用促進[#]Aoi W, Naito Y, Takanami Y, Ishii T, Kawai Y, Akagiri S and Yoshikawa T. Astaxanthin improves muscle lipid metabolism in exercise via inhibitory effect of oxidative CPT I modification. Biochemical and biophysical research communications. 2008; 366(4): 892-897. が報告されています。とりわけ美容に関わる効果としては、水分を保持し肌の潤いを守る美肌効果[#]Tominaga K, Hongo N, Karato M and Yamashita E. Cosmetic benefits of astaxanthin on humans subjects. Acta Biochimica Polonica. 2012; 59(1).  [#]塚原寛樹, 松山明正, 阿部哲朗, 許鳳浩, 太田富久 and 鈴木信孝. アスタキサンチン含有飲料の肌におよぼす影響. 日本補完代替医療学会誌. 2016; 13(2): 57-62. も報告されています。

多くの良い効果が次々と明らかになっているアスタキサンチン、そのベースとなっている作用は、これまでも多くの記事でご紹介した「抗酸化作用」です。もともと天然色素カロテノイドには活性酸素を消去する力があります。特にアスタキサンチンはその能力が高く、同じ仲間β-カロテンの40倍、ビタミンE(α-トコフェロール)の550倍、カテキンの560倍、コエンザイムQ10の800倍…ビタミンCと比べると6,000倍…!!であることがわかっています[#]Nishida Y, Yamashita E and Miki W. Quenching activities of common hydrophilic and lipophilic antioxidants against singlet oxygen using chemiluminescence detection system. Carotenoid Science. 2007; 11(6): 16-20.

カラダの外側も内側もいつまでも美しくありたい…と願う皆さんにとって、これだけの高い抗酸化作用は魅力的。アスタキサンチンを摂取してみたくなりますよね?ではどのような食品に多く含まれているのでしょうか?

 

アスタキサンチンを多く含む食品

アスタキサンチンは、さけや表皮の赤い魚、えび、かになどの魚介類に多く含まれています。各食品の含有量 (mg/100g)を以下の記載しています[#]若さを保つ「赤い」食べ物 魚の有用成分─アスタキサンチン. [Internet]. [cited 17th Sep 2019]. Available from: http://www.heiwa.net/pdf/astaxanthin.pdf

 

紅さけ 2.5 ~ 3.5mg
キングサーモン 1.0 ~ 2.0mg
銀さけ 0.8 ~ 2.0mg
白さけ 0.3 ~ 0.8mg
大西洋さけ 0.3 ~ 0.8mg
からふとます 0.1 ~ 0.5mg
きんめだい(体表) 2.0 ~ 3.0mg
いくら、すじこ 0.8mg
くるまえび(身) 0.66mg
あまえび(身) 0.99mg
けがに(身) 1.11mg

 

 

 

アスタキサンチンの美容効果

アスタキサンチン4mgを配合したカプセルを毎日8週間摂取すると、摂取しないグループに比べて、紫外線による肌の炎症を抑制する効果、皮膚の水分量低下を抑制する効果が認められました[#]Ito N, Seki S and Ueda F. The protective role of astaxanthin for UV-induced skin deterioration in healthy people—A randomized, double-blind, placebo-controlled trial. Nutrients. 2018; 10(7): 817. 。天然の飲む日焼け止めと呼ばれるのもそのため。また、アスタキサンチンを3mg含有した飲料を1日1本8週間摂った研究でも、肌の保水力や粘弾性、キメに効果があるという結果がでています[#]Tsukahara H, Matsuyama A, Abe T, Kyo H, Ohta T and Suzuki N. Effects of Intake of Astaxanthin Contained Drink on Skin Condition. Japanese Journal of Complementary and Alternative Medicine. 2016; 13(2): 57-62. 。やはりアスタキサンチンの美容への効果は絶大です。

しかしながら、上の表によると、これらの研究と同等の量を摂るには毎日200~300gの魚介類を食べることになります…現実的ではないですよね??そこでおススメなのがサプリメントという選択肢です。

 

起源は藻類!!サプリメントでも安全に摂れるアスタキサンチン

実は、上記の生物が含むアスタキサンチンは自然界の食物連鎖の結果なのです。もともと海の藻類に豊富に含まれており、それをプランクトンが、そしてそのプランクトンをえびや魚が食べることで魚介類の体内に蓄積されていきます。したがって、藻類由来のアスタキサンチンをサプリメントとして摂るのがよいでしょう。ヘマトコッカス藻由来のアスタキサンチンは、8mg×2回/日を12週間、30mg/日を4週間、または2mg×3回/日を8週間の経口摂取での安全性が確認されています[#]Uchiyama A. Clinical efficacy of astaxanthin-containing Haematococcus pluvialis extract for the volunteers at risk of metabolic syndrome. J Clin Biochem Nutr. 2008; 43(1): 38-43.  [#]大神一浩. アスタキサンチンの過剰摂取における安全性の検討. 臨床医薬. 2005; 21: 651-659.  [#]Spiller GA and Dewell A. Safety of an astaxanthin-rich Haematococcus pluvialis algal extract: a randomized clinical trial. Journal of medicinal food. 2003; 6(1): 51-56. 。また、アスタキサンチンを含むカロテノイドは脂溶性のため、吸収を上げるために油っぽいお食事などと一緒に摂取すると効果的です。色々なブランドのサプリがありますが、専門家の間で品質が高いと評判なのが、ハワイの藻由来のこのサプリ

 

 

 

今回ご紹介した驚異の抗酸化物質アスタキサンチン。これまでご紹介した食品・物質の作用を大きく超えることが科学的にも証明されています。また魚介類を摂ることだけでなく、食物連鎖をさかのぼり、ヘマトコッカス藻由来のアスタキサンチンをサプリメントでとることが効率的な方法であることも分かりました。それでも摂らないことを選びますか?まずは2ヶ月間、試してみてはいかがでしょうか?