Skip to navigation メインコンテンツに移動
栄養ドリンクでおなじみのアミノ酸「タウリン」はこうやって摂取しよう!
3  

栄養ドリンクでおなじみのアミノ酸「タウリン」はこうやって摂取しよう!

geefee ポイント geefee ポイント

・タウリンは目・心臓・筋肉に多く存在
・貝類やイカ・タコに多くのタウリンが含まれる
・高コレステロールや心臓発作の予防に有効
・肝硬変、脂肪肝などの肝疾患にタウリンが効果を発揮
・タウリンには抗酸化作用、抗炎症作用がある
・急性炎症の治療に効果的
・タウリンで持久力や筋力がアップ

 

栄養ドリンクの広告でよく見られる「タウリン配合」の文言。滋養強壮の代名詞のようなタウリンですが、タウリンのもつ特徴や働き、そしてその素晴らしい効果を安全に取り入れる方法や注意点などをご紹介します。

 

タウリンってそもそもどんな物質?

2-アミノエタンスルホン酸の別名を持つタウリンは、一部体内でも生成できる準必須アミノ酸です[#]Harris Ripps, Wen Shen. 2012. “Review: Taurine: A ‘very Essential’ Amino Acid.” Molecular Vision 18: 2673.  [#]pubmeddev, and M. M. Sirdah. n.d. “Protective and Therapeutic Effectiveness of Taurine in Diabetes Mellitus: A Rationale for Antioxidant Supplementation. - PubMed - NCBI.” Accessed December 17, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25366895. 。タウリンは体内では特に脳や目、心臓、筋肉などに多く存在します。しかし、体内で生成されるタウリンの量は多くの場合十分ではなく、食事などで補給する必要があると言われています。
肉や魚、乳製品などの動物性食品に多く含まれ、中でも貝類やイカ、タコなどの軟体生物にはタウリンが豊富です[#]“タウリン.” n.d. E-ヘルスネット 情報提供. Accessed December 17, 2019. https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-017.html.
では、その準必須アミノ酸のタウリン。具体的にどのような健康効果をもたらしてくれるのでしょうか? 

 

メリットたくさん。タウリンの5大ポイント

タウリンは体の細胞内の水分量を適切に調整し、身体を酸化ダメージから守り、内臓のカルシウム量を調整するなど、極めて重要な役割を果たしています。心臓、神経、筋肉など、人の身体を健康に保つにはタウリンのパワーは欠かせません。多数あるタウリンのメリットの中でも特に重要なのは以下の5点。

 

1、心血管への健康効果
心臓と心血管の健康にタウリンは密接にかかわっています[#]pubmeddev, and Et al Pion PD. n.d. “Myocardial Failure in Cats Associated with Low Plasma Taurine: A Reversible Cardiomyopathy. - PubMed - NCBI.” Accessed December 17, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3616607.  [#]pubmeddev, and Et al Moise NS. n.d. “Dietary Taurine Deficiency and Dilated Cardiomyopathy in the Fox. - PubMed - NCBI.” Accessed December 17, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/1990761.  [#]pubmeddev, and Et al Kittleson MD. n.d. “Results of the Multicenter Spaniel Trial (MUST): Taurine- and Carnitine-Responsive Dilated Cardiomyopathy in American Cocker Spaniels with Decrease... - PubMed - NCBI.” Accessed December 17, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9298474. 。22人の健康な中年の女性がタウリンのサプリメントを毎日3gずつ4週間摂取したところ、心臓病と相関関係にあるホモシステインの数値が下がったという報告があり、高コレステロールや心臓発作の予防に役立つと考えられています[#]pubmeddev, and C. S. Ahn. n.d. “Effect of Taurine Supplementation on Plasma Homocysteine Levels of the Middle-Aged Korean Women. - PubMed - NCBI.” Accessed December 17, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19239173. 。また、タウリンは心拍異常を防ぐ役割があるとも考えられています[#]pubmeddev, and Satoh H And Sperelakis. n.d. “Review of Some Actions of Taurine on Ion Channels of Cardiac Muscle Cells and Others. - PubMed - NCBI.” Accessed December 17, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9522160.
そのほかに、動脈硬化、高血圧の予防や治療にも力を発揮し、L⁻カルニチンと併用することでさらに効果が倍増すると考えられています。

 

2、肝臓への健康効果
タウリンは肝硬変のほか、アルコール性の脂肪肝疾患、その他さまざまな肝疾患に対し効果があり、肝臓の健康に有効と考えられています。慢性肝炎患者がタウリンを毎日500mg摂取したところ、肝硬変の症状である筋肉けいれんが減少したほか、マウス実験では重金属や酸化のダメージから肝臓を保護する効果があることがわかっています[#]pubmeddev, and Et al Hu YH. n.d. “Dietary Amino Acid Taurine Ameliorates Liver Injury in Chronic Hepatitis Patients. - PubMed - NCBI.” Accessed December 17, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17690950.  [#]pubmeddev, and Hwang D F And. n.d. “Effect of Taurine on Toxicity of Cadmium in Rats. - PubMed - NCBI.” Accessed December 17, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11578796.  [#]pubmeddev, and Et al Hwang DF. n.d. “Effect of Taurine on Toxicity of Copper in Rats. - PubMed - NCBI.” Accessed December 17, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9609396.  [#]Rezzani R, Et al. n.d. “Protective Role of Melatonin in Cyclosporine A-Induced Oxidative Stress in Rat Liver. - PubMed - NCBI.” Accessed December 17, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/15953566/.

 

 

3、酸化を抑える効果
タウリンには抗酸化作用があります[#]pubmeddev, and Et al Schaffer SW. n.d. “Role of Antioxidant Activity of Taurine in Diabetes. - PubMed - NCBI.” Accessed December 17, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19234572. 。毒性の薄いタウリンクロラミン(TauCl)やタウリンブロマミン(TauBr)を形成し、白血球による酸化物質の生成を抑制するのです[#]Janusz Marcinkiewicz, Ewa Kontny. 2014. “Taurine and Inflammatory Diseases.” Amino Acids 46 (1): 7.  [#]ubmeddev, and Et al Kim C. n.d. “Taurine Chloramine Induces Heme Oxygenase-1 Expression via Nrf2 Activation in Murine Macrophages. - PubMed - NCBI.” Accessed December 17, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20074672. 。また、タバコなどによる肺のダメージにも一定の効果を示すなど、肺の損傷にも効果が期待されています[#]pubmeddev, and Et al Schuller-Levis G. n.d. “Taurine Protects against Oxidant-Induced Lung Injury: Possible Mechanism(s) of Action. - PubMed - NCBI.” Accessed December 17, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7534034.

 

4、炎症を軽減する
抗酸化作用により生み出されるタウリンクロラミン(TauCl)とタウリンブロマミン(TauBr)には抗炎症作用があります[#]pubmeddev, and Klamt F And Shacter. n.d. “Taurine Chloramine, an Oxidant Derived from Neutrophils, Induces Apoptosis in Human B Lymphoma Cells through Mitochondrial Damage. - PubMed - NCBI.” Accessed December 17, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15799967. 。特に感染や刺激、細胞の損傷などで引き起こされる急性炎症の治療にタウリンは効果的だといわれています。タウリンクロラミンは炎症を軽減する遺伝子を活性化し、高濃度のタウリンクロラミン下では炎症性サイトカインの発生が低下します[#] Janusz Marcinkiewicz, Ewa Kontny. 2014. “Taurine and Inflammatory Diseases.” Amino Acids 46 (1): 7.  [#]pubmeddev, and Et al Chorazy-Massalska M. n.d. “The Effect of Taurine Chloramine on pro-Inflammatory Cytokine Production by Peripheral Blood Mononuclear Cells Isolated from Rheumatoid Arthritis A... - PubMed - NCBI.” Accessed December 17, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15638042.

 

5、運動のパフォーマンスを向上
筋肉を正常に機能させるにはタウリンの力が不可欠です[#]pubmeddev, and Et al Warskulat U. n.d. “Taurine Transporter Knockout Depletes Muscle Taurine Levels and Results in Severe Skeletal Muscle Impairment but Leaves Cardiac Function Uncompromi... - PubMed - NCBI.” Accessed December 17, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14734644. 。29人の高齢者を対象とした実験で、一日3回500mgのタウリンを2週間摂取し続けたところ、心不全患者の運動能力が向上したと報告されています[#]pubmeddev, and Et al Beyranvand MR. n.d. “Effect of Taurine Supplementation on Exercise Capacity of Patients with Heart Failure. - PubMed - NCBI.” Accessed December 17, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21334852. 。また、マウス実験でもタウリン不足のマウスは筋力が著しく損なわれ、逆にタウリンが十分に補給されているマウスは身体的持久力が改善することがわかりました[#]pubmeddev, and Et al Ito T. n.d. “Cardiac and Skeletal Muscle Abnormality in Taurine Transporter-Knockout Mice. - PubMed - NCBI.” Accessed December 17, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20804595.

 

 

タウリンを低下させる要因とは?

魚やお肉などに含まれるビタミンB6や肉や卵や魚などに含まれる必須アミノ酸であるメチオニンが、体内でのタウリンの生成に必要です。ビーガンやベジタリアン食は、タウリン欠乏症になりやすい傾向にあるので[#]pubmeddev, and Et al Stapleton PP. n.d. “Taurine and Human Nutrition. - PubMed - NCBI.” Accessed December 30, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16844580. 、注意が必要。また、疲労回復やアンチエイジング効果のあるアミノ酸のベータアラニンは、体内でのタウリンの輸送作用を遮断する働きを持つので、ベータアラニンのサプリメントを摂取している人は、トレーニングなどをする際には服用を避けましょう[#]pubmeddev, and Et al Kerai MD. n.d. “The Effect of Taurine Depletion by Beta-Alanine Treatment on the Susceptibility to Ethanol-Induced Hepatic Dysfunction in Rats. - PubMed - NCBI.” Accessed December 30, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11139413.

 

エナジードリンクは絶対ダメ!食事以外で摂取するならサプリ

タウリンは栄養剤に含まれる滋養強壮のための栄養素、というイメージが強いですが、栄養ドリンクは大量の糖質をはじめとして様々な添加物のカタマリ[#]pubmeddev, and M. M. Sirdah. n.d. “Protective and Therapeutic Effectiveness of Taurine in Diabetes Mellitus: A Rationale for Antioxidant Supplementation. - PubMed - NCBI.” Accessed December 17, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25366895. こちらの製品を見て頂くと分かるように、「タウリンを最大量配合」というキャッチコピーの下の小さな文字の成分表に下記のような添加物が記載されています。

 

添加物:白糖、D-ソルビトール、アセスルファムK、スクラロース、ステビア抽出精製物、クエン酸Na、ポビドン、没食子酸プロピル、安息香酸Na、カラメル、香料、などなど

 

配合されているタウリン自体は、その役割を果たすかもしれませんが、同時にこれだけの添加物を体に入れることを考えると答えは明確でしょう。また、高用量のタウリンとアルコールの相互作用により実験用のラットが死亡したという例もあります。人での研究も必要ですが、お酒を飲む前にタウリン配合のエナジードリンクを飲むことが本当に体に良いのか慎重に構えたほうが良さそうです [#]pubmeddev, and Et al Taranukhin AG. n.d. “Lethality of Taurine and Alcohol Coadministration in Mice. - PubMed - NCBI.” Accessed December 30, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23392868.

 

 

食事以外で安全にタウリンを体内に取り入れるにはサプリメントからの摂取がおすすめ。タウリン自体は比較的安全な物質としてFDA(アメリカ食品医薬品局)により安全基準合格証が与えられていますが、1日3gが適正な最大値とされています[#] pubmeddev, and Shao and Hathcock. n.d. “Risk Assessment for the Amino Acids Taurine, L-Glutamine and L-Arginine. - PubMed - NCBI.” Accessed December 30, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18325648. 。適切なサプリメントを選び、メーカーの推奨量を守って摂取しましょうね。

 

タウリンは心臓や肝臓の健康、抗酸化や抗炎症、運動能力の向上など、たくさんの健康効果が期待できる物質。栄養ドリンクの配合成分としてのイメージが強いですが、通常は食事から十分に摂取できます。また、菜食主義者などであるために食事以外からタウリンを摂取する必要がありそうな場合は、添加物だらけの栄養ドリンクではなく、高品質のサプリメントを利用するほうが絶対おすすめ。
重要な臓器と日々の健康な暮らしを守るため、タウリンを上手に活用しましょう。

コメント

コメントを追加