Skip to navigation メインコンテンツに移動
アンチエイジング対策が期待できるNAD+ (ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)って何?
15  

アンチエイジング対策が期待できるNAD+ (ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)って何?

geefee ポイント geefee ポイント

・生物学的プロセスにおいて重要な機能を担うNAD+ (ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)とは?
・長寿に関連した酵素を促進、脳細胞の保護、心臓病のリスクを軽減等NAD+の健康効果
・NAD+レベルを上げるサプリメント
・ケトジェニックダイエットとNAD+の関連性

 

誰にでも訪れる加齢に伴い、体力や脳機能の低下、肌の劣化などの老化が進みますが、その進行具合は人それぞれでもあります。久しぶりに同窓会に行ったら昔と変わらない若さを保っている人がいて嫉妬と懐かしさの混じった複雑な思いを経験したことはありませんか?老化の進行を抑えるアンチエイジングは、特に中年期以降の多くの人にとって切実なテーマ。今回、フォーカスしていくのが、アンチエイジング対策として世界の研究者から注目が集まっているNAD+ (ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)。以前のデビッド・シンクレア教授の記事でも取り上げましたがもう少し深堀りしていきましょう。

 

NAD+ (ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)とは?

基質から水素を奪い取って酸化する脱水素酵素の補酵素であるNAD+は、すべての生物の細胞に存在し、エネルギー産生、DNA修復、遺伝子発現、免疫調節の役割など、多数の生物学的プロセスにおいて重要な機能を担っています。このNAD+のレベルは加齢および加齢性疾患により低下することが報告されています。細胞内のNAD+のレベルを上げることで、加齢に伴う変性疾患の治療に有意に働く可能性が示唆されています[#]Braidy, N., and Y. Liu. 2020. “NAD+ Therapy in Age-Related Degenerative Disorders: A Benefit/risk Analysis.” Experimental Gerontology 132 (April). https://doi.org/10.1016/j.exger.2020.110831.

このNAD+は、以前の記事でもお伝えしたミトコンドリアでのエネルギー産生反応の補因子の1つとしてとても重要な役割も持ちます[#]Li, W., and A. A. Sauve. 2015. “NAD+ Content and Its Role in Mitochondria.” Methods in Molecular Biology 1241. https://doi.org/10.1007/978-1-4939-1875-1_4. 。人体の生命維持に必要なエネルギーの90%以上を創り出すミトコンドリアを活性化させるためには、加齢により低下傾向にあるNAD+レベルを保つ、もしくは増加させるのがアンチエイジングの鍵となると言われています。

 

NAD+増加による潜在的な健康効果

NAD+に関する研究のほとんどは動物研究によるもので、人が対象の研究はまだ初期段階。よって、その有効性に疑問を唱える専門家もいますが、上記で述べたデビッド・シンクレア教授の研究成果をはじめ大小さまざまな研究によってNAD+のメカニズムと以下のような潜在的効果が明らかになってきています。

 

長寿に関連した酵素を促進

NAD+は、損傷したDNAを修復し、ストレス耐性を高め、体内の炎症を軽減する酵素であるサーチュインおよび[#]Haigis, M. C., and D. A. Sinclair. 2010. “Mammalian Sirtuins: Biological Insights and Disease Relevance.” Annual Review of Pathology 5. https://doi.org/10.1146/annurev.pathol.4.110807.092250.  [#]Satoh, A., L. Stein, and S. Imai. 2011. “The Role of Mammalian Sirtuins in the Regulation of Metabolism, Aging, and Longevity.” Handbook of Experimental Pharmacology 206. https://doi.org/10.1007/978-3-642-21631-2_7.  [#]Preyat, N., and O. Leo. 2013. “Sirtuin Deacylases: A Molecular Link between Metabolism and Immunity.” Journal of Leukocyte Biology 93 (5). https://doi.org/10.1189/jlb.1112557. 、損傷したDNAを修復する酵素であるポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ(PARP)を促進することが研究で示唆されています[#]Mendelsohn, A. R., and J. W. Larrick. 2017. “The NAD+/PARP1/SIRT1 Axis in Aging.” Rejuvenation Research 20 (3). https://doi.org/10.1089/rej.2017.1980.  [#] Grube, K., and A. Bürkle. 1992. “Poly(ADP-Ribose) Polymerase Activity in Mononuclear Leukocytes of 13 Mammalian Species Correlates with Species-Specific Life Span.” Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 89 (24). https://doi.org/10.1073/pnas.89.24.11759.

 

脳細胞の保護

学習と記憶の重要な神経化学的基礎の1つであるシナプス可塑性と生物の脳を構成する神経細胞のニューロンのストレス耐性と関連性のあるNAD+レベルの低下は、アルツハイマー病、パーキンソン病、ハンチントン病などの神経変性疾患の発症と関りがあると言われており、脳の老化や神経障害の治療のための新しいアプローチとして注目されています[#]“NAD+ in Brain Aging and Neurodegenerative Disorders.” 2019. Cell Metabolism 30 (4): 630–55.

 

心臓病のリスクを軽減

加齢に伴う老化により血管の柔軟性が低下することは心臓病の危険因子の1つ[#]CDC. 2019. “Know Your Risk for Heart Disease.” December 10, 2019. https://www.cdc.gov/heartdisease/risk_factors.htm. 。人の研究では、NAD+のレベルの上昇に伴い大動脈の硬直が軽減し、高血圧のリスクがある成人の収縮期血圧(心臓が最大に収縮したときに動脈にかかる圧)が低下したことが分かっています[#] “Nicotinamide Riboside Supplementation Reduces Aortic Stiffness and Blood Pressure in Middle-Aged and Older Adults.” 2017. Artery Research 20 (December): 49.

 

 

体の慨日リズムを整える

24時間の明暗周期にあわせて生活を営んでいる我々にとってとても重要な慨日時計(体内時計)。加齢に伴うNAD+の低下はこの慨日時計のバランスを崩す可能性があることが分かっています。また、不規則な生活リズムにより慨日時計が乱れることで老化や老化関連の疾患を引き起こす可能性も[#]“[NAD+/SIRT1が結ぶ慨日時計と老化・代謝].” n.d. Accessed March 1, 2021. https://www.jstage.jst.go.jp/article/shinzo/43/2/43_140/_pdf/-char/ja. 。よって、良質な睡眠はNAD+の調整に有意に働く可能性があります。

 

筋肉の老化を抑える

骨格筋の量や機能の低下も加齢に伴う老化の1つ。NAD+のレベルを上げることで筋肉機能、筋力、持久力が向上することがマウスの研究で示唆されていますが[#]Frederick, D. W., E. Loro, L. Liu, A. Davila, K. Chellappa, I. M. Silverman, W. J. Quinn, et al. 2016. “Loss of NAD Homeostasis Leads to Progressive and Reversible Degeneration of Skeletal Muscle.” Cell Metabolism 24 (2). https://doi.org/10.1016/j.cmet.2016.07.005.  [#]Mendelsohn, A. R., and J. W. Larrick. 2014. “Partial Reversal of Skeletal Muscle Aging by Restoration of Normal NAD+ Levels.” Rejuvenation Research 17 (1). https://doi.org/10.1089/rej.2014.1546. 、運動を伴わない状態でNAD+レベルを上げても筋力を高めるのには不十分であることも示されています[#]“Nicotinamide Riboside Augments the Aged Human Skeletal Muscle NAD+ Metabolome and Induces Transcriptomic and Anti-Inflammatory Signatures.” 2019. Cell Reports 28 (7): 1717–28.e6.

 


 

 

ビタミンB3(ナイアシン)の補給

主に魚類、肉類、きのこ類に含まれるビタミンB3(ナイアシン)は、NAD+の原料で、不足すると細胞内のNAD+濃度が低下し、細胞の増殖や成長が低下すると考えられます。結果的に老化・細胞死につながることが示唆されています[#]Imai S, Guarente L : NAD+and sirtuins in aging and disease. Trends Cell Biol, 24, 464-471, 2014. 。そのビタミンB3の一種であるNR(ニコチンアミドリボシド)とビタミンB3群の中に含まれるNMN(ニコチンモノアミドヌクレオチド)はNAD+の前駆体。サプリなどの形で補給することでNAD+レベルを上昇させることができます。

特に、NRは、NAD+レベルを上げるだけではなく、加齢に伴う脳障害と関連性が高いと言われている体の酸化ストレスとミトコンドリアの機能障害から細胞を保護するのに大きな役割を持つタンパク質のPGC-1αの産生量を増やす可能性が示唆されているため、アルツハイマーやパーキンソン病といった疾患に有意に働く可能性があります[#]Gong, B., Y. Pan, P. Vempati, W. Zhao, L. Knable, L. Ho, J. Wang, et al. 2013. “Nicotinamide Riboside Restores Cognition through an Upregulation of Proliferator-Activated Receptor-γ Coactivator 1α Regulated β-Secretase 1 Degradation and Mitochondrial Gene Expression in Alzheimer’s Mouse Models.” Neurobiology of Aging 34 (6). https://doi.org/10.1016/j.neurobiolaging.2012.12.005. ]。

このサプリメントに関しては以前のデビッド・シンクレア教授に関する記事で推奨摂取量なども掲載していますので参考にしてみてくださいね。

 


 

 

ケトジェニックダイエットでNAD+レベルを上げる?

糖質を制限するケトジェニックダイエットにより肝臓で生成されるケトン体。これがNAD+/NADH(NADの還元型)比を増加させ、ミトコンドリアをより活性化させることにより老化や病気の原因となりうるフリーラジカルの生成を減少させることが研究で分かっています[#]“Ketones Inhibit Mitochondrial Production of Reactive Oxygen Species Production Following Glutamate Excitotoxicity by Increasing NADH Oxidation.” 2007. Neuroscience 145 (1): 256–64. 。また、マウスの24時間の絶食によりNAD+レベルが上昇した研究結果もあり、糖質制限がNAD+レベルの上昇に有意に働く可能性を示していると言えます[#]Hayashida, S., A. Arimoto, Y. Kuramoto, T. Kozako, S. Honda, H. Shimeno, and S. Soeda. 2010. “Fasting Promotes the Expression of SIRT1, an NAD+ -Dependent Protein Deacetylase, via Activation of PPARalpha in Mice.” Molecular and Cellular Biochemistry 339 (1-2). https://doi.org/10.1007/s11010-010-0391-z.  [#]“How To Increase NAD Levels Naturally.” 2019. January 4, 2019. https://www.springfieldwellnesscenter.com/mental-health-blog/how-to-incr....

 

まとめ~アンチエイジング対策が期待できるNAD+ (ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)って何?~
誰もがいずれ加齢に伴う老化を経験します。しかし、老化はそれぞれ個人の対策次第ではそのスピードを抑えることができます。老化現象を抑えるメカニズムの解明はまだまだ発展途上段階ではありますが、NAD+のレベルを上げることは巷にあふれる怪しげなアンチエイジング対策に比べたら、科学的研究も着々と進んでおり、有意に働きそうです。気になる人はNMN やNRのようなサプリメントを試してみては?また、さまざまな健康効果が期待できる低糖質ダイエットやファスティングも老化を抑える1つの要因になりそう。無理のない範囲で試してみるのも良いかもしれません。
 

コメント

コメントを追加