Skip to navigation メインコンテンツに移動
炎症にも良い悪いがある!?悪い炎症を引き起こす原因とは
1  

炎症にも良い悪いがある!?悪い炎症を引き起こす原因とは

geefee ポイント geefee ポイント

・慢性の炎症は身体にさまざまな悪影響を及ぼす
・バランスの悪い腸内環境は慢性炎症の主因
・炎症性食物やストレスを避けて健康的な生活を
・慢性炎症は腸疾患や心臓病などを誘発する恐れがある
 

 

風邪による喉の腫れや怪我をしたときの腫れなど、炎症は人間にとってとても身近な現象。炎症はそもそも人間の身体から害を取り除くために起こる免疫反応に起因していますが、炎症が慢性化すると腸疾患や心臓病など、重大な疾病を誘発することもあるのです。リスクを知ることは最大の予防につながります。悪い炎症を引き起こす原因を知って日々のライフスタイルを見直してみましょう。

 

炎症って何? 良い炎症と悪い炎症の違いを知ろう

炎症にはサッと腫れてサッと引く急性の炎症と炎症が体内にしつこく残り、何カ月も何年も腫れがひかない慢性の炎症があります。例えば、風邪をひいて喉が痛くなったり、足をくじいて足首が腫れ上がったりするのは急性の炎症。ウイルスの侵入や怪我の損傷から身体を守り、素早く回復するために、免疫システムが白血球やヒスタミン、マクロファージ(食細胞)、炎症性サイトカインなど、さまざまな物質を患部に送り込んだ結果、急性炎症が起こります[#]Meager A, Wadhwa M. An Overview of Cytokine Regulation of Inflammation and Immunity. eLS. 2013. 。身体を守る急性炎症は大まかに「良い炎症」といえるでしょう。

一方で、身体を守る免疫反応であるはずの炎症が慢性化すると人間の健康に深刻なダメージを与えてしまう恐れがあります。急性炎症では問題が取り除けなかった場合は、免疫細胞の集積で放出された炎症性サイトカインが健康な細胞や組織までも傷つけ、炎症が慢性化し細胞とその組織の機能に障害をもたらせます[#]真鍋一郎. 慢性炎症と加齢関連疾患. 日本老年医学会雑誌. 2017;54: 105–113. 。急性炎症が太刀打ちできない強力なウイルス、アレルギー物質や炎症性の食材などに継続的にさらされるなど、慢性炎症に陥る原因はさまざま。悪い炎症を引き起こす主な原因には例えば次のようなものがあります。

 

 

炎症性食物
食べ物の中には身体に炎症を起こしやすくする炎症性食物があります。例えば、精白パンや菓子パンなどの精製された炭水化物、マーガリンやショートニングなどのトランス脂肪を含む硬化油、砂糖やソーダ、フライドポテトなどの揚げ物、バーガーやステーキなどの赤身の肉やソーセージなどの加工肉、アルコール類なども炎症性食物に数えられます[#]Kiecolt-Glaser JK. Stress, Food, and Inflammation: Psychoneuroimmunology and Nutrition at the Cutting Edge. Psychosom Med. NIH Public Access; 2010;72: 365.  [#]Giugliano D E al. The effects of diet on inflammation: emphasis on the metabolic syndrome. - PubMed - NCBI [Internet]. [cited 22 Nov 2018]. Available: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16904534/  [#]Joe Wang H, Zakhari S, Katherine Jung M. Alcohol, inflammation, and gut-liver-brain interactions in tissue damage and disease development. World J Gastroenterol. Baishideng Publishing Group Inc; 2010;16: 1304. 。レクチンやヒスタミンを多く含む食べ物やカビから発生するマイコトキシンなども炎症を起こしやすいといわれています[#]Gong T E al. Plant Lectins Activate the NLRP3 Inflammasome To Promote Inflammatory Disorders. - PubMed - NCBI [Internet]. [cited 22 Nov 2018]. Available: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28087670  [#]Maintz L, Novak N. Histamine and histamine intolerance. Am J Clin Nutr. Oxford University Press; 2007;85: 1185–1196.  [#]Winnie-Pui-Pui Liew SM-R. Mycotoxin: Its Impact on Gut Health and Microbiota. Front Cell Infect Microbiol. Frontiers Media SA; 2018;8. doi:10.3389/fcimb.2018.00060

長引く感染症や怪我
急性炎症でのダメージ修復が失敗に終わり、免疫システムが感染症や損傷を治癒しきれなかった場合、炎症反応がその後も続き慢性化します[#]真鍋一郎. 慢性炎症と加齢関連疾患. 日本老年医学会雑誌. 2017;54: 105–113.  [#]Aiello AE, Haan MN, Pierce CM, Simanek AM, Liang J. Persistent Infection, Inflammation, and Functional Impairment in Older Latinos. J Gerontol A Biol Sci Med Sci. NIH Public Access; 2008;63: 610.

腸内バランスの悪化
腸内にはビフィズス菌や乳酸桿菌などの善玉菌とウェルシュ菌や病原性大腸菌などの悪玉が混在しています。腸内に悪玉のバクテリアが増殖し、善玉のバクテリアが少なくなるなど、腸内環境が悪化した場合、慢性炎症の原因となります[#]Asa Hakansson GM. Gut Microbiota and Inflammation. Nutrients. Multidisciplinary Digital Publishing Institute (MDPI); 2011;3: 637.

ストレス
過度なストレスは身体に様々な悪影響を及ぼしますが、炎症を慢性化させる一因にもなります[#]Liu Y-Z, Wang Y-X, Jiang C-L. Inflammation: The Common Pathway of Stress-Related Diseases. Front Hum Neurosci. Frontiers Media SA; 2017;11. doi:10.3389/fnhum.2017.00316 。ストレス状態に長期間晒されると交感神経が優位となり、自律神経のバランスがくずれます。交感神経優位の状態が長引けばノルアドレナリンなどのストレスホルモンが過度に放出され、炎症性サイトカインの分泌を促進することが知られています[#]George M. Slavich MRI. From Stress to Inflammation and Major Depressive Disorder: A Social Signal Transduction Theory of Depression. Psychol Bull. NIH Public Access; 2014;140: 774.

毒素
水銀を多く含んだ魚類、ビスフェノールAを含んだ缶詰やプラスチック製品、殺虫剤や除草剤などの毒素は体内に蓄積される上に脂溶性でもあり、人間の身体に長期間居座って慢性的な炎症の一因となります[#]Gump BB, MacKenzie JA, Dumas AK, Palmer CD, Parsons PJ, Segu ZM, et al. Fish Consumption, Low-Level Mercury, Lipids, and Inflammatory Markers in Children. Environ Res. NIH Public Access; 2012;112: 204.  [#]Savastano S, Tarantino G, D’Esposito V, Passaretti F, Cabaro S, Liotti A, et al. Bisphenol-A plasma levels are related to inflammatory markers, visceral obesity and insulin-resistance: a cross-sectional study on adult male population. J Transl Med. BioMed Central; 2015;13. doi:10.1186/s12967-015-0532-y  [#]Gangemi S, Gofita E, Costa C, Teodoro M, Briguglio G, Nikitovic D, et al. Occupational and environmental exposure to pesticides and cytokine pathways in chronic diseases (Review). Int J Mol Med. Spandidos Publications; 2016;38: 1012. 。また、カドミウム、水銀、ヒ素、ニッケル、鉛など大気汚染が原因となる重金属は体内のフリーラジカルを増加させてDNAを傷つけ、同時に炎症を引き起こす原因になります[#]Stejskal V. Metals as a common trigger of inflammation resulting in non-specific symptoms: diagnosis and treatment. Isr Med Assoc J. 2014;16: 753–758.

アレルギー疾患や自己免疫疾患
免疫反応により正常な抗体に過剰に反応してしまうアトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー性疾患や健康な細胞や組織を免疫組織が誤って攻撃してしまう自己免疫疾患の場合も炎症を誘発します[#]Jenna R. Murdoch CML. Chronic inflammation and asthma. Mutat Res. Elsevier; 2010;690: 24.  [#]Pahwa R, Jialal I. Chronic Inflammation. StatPearls [Internet]. StatPearls Publishing; 2018. 。自己免疫疾患には遺伝要因と環境要因などがあげられますが、いずれも免疫系の正常な機能が破綻することで発症すると考えられています[#]Rosenblum MD, Remedios KA, Abbas AK. Mechanisms of human autoimmunity. J Clin Invest. American Society for Clinical Investigation; 2015;125: 2228 。健康な細胞や組織を攻撃する免疫反応が続くと、慢性的に炎症が起こります[#]Yamamoto K. Pathogenesis of Rheumatoid Arthritis: Interaction of genetic and environmental factors. 日温気物医誌. 2011;77: 20–21. 。自己免疫疾患にはリューマチ性関節炎、乾癬、全身性紅斑性狼瘡、悪性貧血、セリアック病などがあります[#]Emmanuel Andres KS. Optimal management of pernicious anemia. J Blood Med. Dove Press; 2012;3: 97.  [#]Jolanda M. Denham IDH. Celiac Disease and Autoimmunity: Review and Controversies. Curr Allergy Asthma Rep. Springer; 2013;13: 347.  [#]Rainer H. Straub CS. Chronic inflammatory systemic diseases: An evolutionary trade-off between acutely beneficial but chronically harmful programs. Evolution, Medicine, and Public Health. Oxford University Press; 2016;2016: 37.

 

 

慢性炎症が引き起こす怖い疾患

長期間、炎症状態が続けば、体内の免疫システムもずっと臨戦態勢でマクロファージや炎症性サイトカインを出し続けます。炎症の慢性化が問題視されるのは、免疫システムが働き続けることでさまざまな疾患を誘発するリスクが高まるから[#]Pahwa R, Jialal I. Chronic Inflammation. StatPearls [Internet]. StatPearls Publishing; 2018. 慢性炎症は癌、心臓病、アルツハイマー、喘息、糖尿病、腸疾患など、重い病の原因となったり、症状を悪化させたりすることも[#]Pahwa R, Jialal I. Chronic Inflammation. StatPearls [Internet]. StatPearls Publishing; 2018.

 

中でも特に問題視されている腸疾患、心臓病との関連性を見てみましょう。

腸疾患
腸内に悪玉菌が多く善玉菌が少なければ、小腸内細菌増殖症(SIBO)やリーキーガット症候群といった深刻な消化システムトラブルの原因となりえます[#]Bischoff SC, Barbara G, Buurman W, Ockhuizen T, Schulzke J-D, Serino M, et al. Intestinal permeability – a new target for disease prevention and therapy. BMC Gastroenterol. BioMed Central; 2014;14. doi:10.1186/s12876-014-0189-7  [#]Bures J, Cyrany J, Kohoutova D, Förstl M, Rejchrt S, Kvetina J, et al. Small intestinal bacterial overgrowth syndrome. World J Gastroenterol. Baishideng Publishing Group Inc; 2010;16: 2978. 。腸内微生物は体内の免疫システムの機能において重要な役割を果たしています[#]Yasmine Belkaid TH. Role of the Microbiota in Immunity and inflammation. Cell. NIH Public Access; 2014;157: 121. 。腸内微生物のバランスを整えることは慢性炎症の予防や治療にとってもっとも重要視したい要素のひとつです[#]Asa Hakansson GM. Gut Microbiota and Inflammation. Nutrients. Multidisciplinary Digital Publishing Institute (MDPI); 2011;3: 637.

心臓病
慢性の炎症は動脈プラークが蓄積して起こるアテローム性動脈硬化を発症させたり、症状を悪化させる恐れがあります。プラークが血中に放出されて血栓となれば、心臓発作や脳卒中を引き起こす大きな原因になることも[#]Bischoff SC, Barbara G, Buurman W, Ockhuizen T, Schulzke J-D, Serino M, et al. Intestinal permeability – a new target for disease prevention and therapy. BMC Gastroenterol. BioMed Central; 2014;14. doi:10.1186/s12876-014-0189-7  [#]Hansson GK, Robertson A-KL, Söderberg-Nauclér C. INFLAMMATION AND ATHEROSCLEROSIS. Annu Rev Pathol: Mech Dis. 2006;1: 297–329. 。炎症を指標するCRPテストで、血液1ℓに対して2mm以上の血中CRPがあると心臓麻痺のリスクが3倍となり、脳卒中のリスクは2倍となるそうです[#]Ridker PM, Cushman M, Stampfer MJ, Tracy RP, Hennekens CH. Inflammation, aspirin, and the risk of cardiovascular disease in apparently healthy men. N Engl J Med. 1997;336: 973–979.

 

炎症は非常に身近な症状のため、つい軽視してしまいがちですが、慢性の炎症は重大病を引き起こす恐ろしいリスクファクターです。食生活を見直して炎症性食物を控えたり、上手なストレス解消法を取り入れたりして、より健康的な生活スタイルを心がけて炎症しにくい身体づくりを目指しましょう。また、急性炎症をこじらせて慢性化させないためにも、「たかが炎症」と軽く見ずに早めの治療を心がけてくださいね。

関由佳 監修


geefeeコンセプト

身体と心の健康を高めていくための実践的方法とその理論的背景を分かりやすくお伝えする健康情報サイト。完全オリジナル記事を無料で提供しています。どこの企業系列にも属さない独立の法人であるgeefeeは、ユーザーの心強い味方です。外部からの影響を受けず、商業的インセンティブも絡まない――だからこそgeefeeは信頼できる情報を皆様に提供し続けることができるのです。

geefeeで推奨している健康習慣は、低糖質ダイエットや糖質制限やパレオダイエットなどの食事法、スーパーフードやサプリ、予防医学の考え方など、世界の最新の健康情報に基づくもの。無理なく実行でき、効果が実感できたものだけを継続する。このプロセスを積み重ねていくことで、あなたの健康IQはどんどん上がり、自分だけの健康ライフスタイルが自然とデザインされていきます。あなたもgeefeeと共にヘルシーな上昇軌道に乗ってみませんか?