Skip to navigation メインコンテンツに移動
ヒスタミンを摂取しすぎるとアレルギーのような反応が?さまざまなヒスタミン対策を伝授!
1  

ヒスタミンを摂取しすぎるとアレルギーのような反応が?さまざまなヒスタミン対策を伝授!

geefee ポイント geefee ポイント

・食事などでヒスタミンが増えすぎるとアレルギーのような反応が
・発酵食品や加工肉などは高ヒスタミン食
・過剰なヒスタミンを誘発するヒスタミン遊離促進物質に注意
・ヒスタミンを分解するDAO酵素、足りない人はサプリメントで摂取可能
・低ヒスタミン食餌療法は医師のアドバイスに従って
 

 

ヒスタミンは人間の生命活動に必要な生体アミンの一種(生体アミンに関する記事はこちらにも)。しかし、食事や体質によってこれが体内に増えすぎるとアレルギーと似たような反応を引き起こす原因にもなります[#]Wantke F E al. Histamine-free diet: treatment of choice for histamine-induced food intolerance and supporting treatment for chronic headaches. - PubMed - NCBI [Internet]. [cited 1 Nov 2018]. Available: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10779289/ 。アレルギー自体も、アレルゲンとの反応によりマスト細胞からヒスタミンが放出されることで症状が出るので、ヒスタミン過多の症状がアレルギーに似ているのも納得できます。今回はそんなヒスタミンによる不快症状に悩む人のために、高ヒスタミン食材の基礎知識やヒスタミン量の安全なコントロール法をご案内します。

 

善にも悪にもなる生体アミン、ヒスタミン

ヒスタミンは人間の主要な機能に働きかける化学物質のひとつです。脳細胞間の情報伝達を行ったり、消化を促すために胃酸を放出させたり、アレルギーの原因となるアレルゲンを体内から追い出したり、生体活動の重要な役目を担っています[#]Mike E Parsons CRG. Histamine and its receptors. Br J Pharmacol. Wiley-Blackwell; 2006;147: S127. 。「ヒスタミン=アレルギー反応」と考えがちですが、ヒスタミンが痒みや浮腫み、痛みなどを引き起こすのは、そもそもアレルゲンを体内から追い出す免疫反応で、人間が健康に過ごすためには不可欠なことでもあるのです。

ヒスタミンは人間の細胞内で形成されるほか、さまざまな食材にも含まれます。高ヒスタミンの食べ物を摂取するなどして、それを分解し切れず、体内のヒスタミン量が一定を超えてしまうことで起きてしまうのがヒスタミン不耐症[#]Comas-Basté O E al. New approach for the diagnosis of histamine intolerance based on the determination of histamine and methylhistamine in urine. - PubMed - NCBI [Internet]. [cited 1 Nov 2018]. Available: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28715791 頭痛や皮膚炎、鼻炎、下痢、生理不順といった症状を引き起こします[#]Jarisch R, Wantke F. Wine and headache. - PubMed - NCBI [Internet]. [cited 30 Oct 2018]. Available: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8645981  [#]Maintz L, Novak N. Histamine and histamine intolerance. Am J Clin Nutr. Oxford University Press; 2007;85: 1185–1196.  [#]Kovacova-Hanuskova E E al. Histamine, histamine intoxication and intolerance. - PubMed - NCBI [Internet]. [cited 30 Oct 2018]. Available: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26242570 。中には腹痛や組織浮腫、高血圧、不整脈、体温調節機能の不調など、決して軽視できない反応が出ることもあります[#]Maintz L, Novak N. Histamine and histamine intolerance. Am J Clin Nutr. Oxford University Press; 2007;85: 1185–1196.  [#]Kovacova-Hanuskova E E al. Histamine, histamine intoxication and intolerance. - PubMed - NCBI [Internet]. [cited 30 Oct 2018]. Available: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26242570

 

ヒスタミン不耐症を引き起こす3つの原因

これらの症状はアレルギーと同じような症状ですので、果たして自分がヒスタミン不耐症なのかアレルギーなのかの見極めが必要です。アレルギーテストなどを行ったり、アレルゲンを除去しても、どうしても症状が治まらない場合などには、ヒスタミン不耐症の疑いがあるかも。そういう人は、どのような食べ物がヒスタミンを多く含むかが気になりますよね。

ヒスタミン不耐症の正式な診断方法は残念ながらまだ確立されていませんが、症状が出るのは次の3つの場合だと考えられています。

1つ目は、発酵食品や熟成食品などヒスタミンを多く含む高ヒスタミン食を食べた時。2つ目は、その食品自体は高ヒスタミンではないものの、ヒスタミン放出を誘発するヒスタミン遊離促進物質を食べた時(ただし、ヒスタミン遊離促進物質の特定にはまだ科学的根拠が乏しく、有力な学説の一つとされている段階です)。3つ目はヒスタミンを分解するDAO酵素(ジアミン・オキシダーゼ)が不足した時。DAO酵素の働きを阻害する食品を摂取した時に、ヒスタミン不耐症の症状が現れる可能性もあります[#]Comas-Basté O E al. New approach for the diagnosis of histamine intolerance based on the determination of histamine and methylhistamine in urine. - PubMed - NCBI [Internet]. [cited 1 Nov 2018]. Available: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28715791

 

代表的な高ヒスタミン食[#]Kovacova-Hanuskova E E al. Histamine, histamine intoxication and intolerance. - PubMed - NCBI [Internet]. [cited 30 Oct 2018]. Available: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26242570  [#]Ede G. Histamine Intolerance: why freshness matters. Journal of Evolution and Health. 2017; doi:10.15310/2334-3591.1054

  • チーズ・ヨーグルト・サワークリームなどの発酵乳製品
  • サワークラフトやキムチなどの発酵野菜
  • ピクルスや酢漬けの野菜
  • コンブチャ(いわゆる紅茶キノコ)
  • ソーセージやサラミ、生ハムなど、塩漬け肉製品や燻製肉製品
  • ワインやビールなどの醸造酒
  • テンペ、醤油、納豆、味噌など、発酵大豆製品
  • サワードウで作ったパンなど、発酵穀物製品
  • トマト、ナス、ほうれん草、アボカド
  • 冷凍の魚、塩漬けの魚、イワシやツナなどの缶詰の魚、鮮度の低い魚介類
  • 醸造酢

なお、これらのリストに載っている食材でも、特に発酵食品の場合、ヒスタミンは微生物の働きに起因するものと推察され、その含有量は熟成の有無、材料の違い、熟成方法の違いなどによって左右されるので、一概にすべての味噌や漬物や醸造酒が高ヒスタミンとも言えません。また、どの食材に反応しやすいかには個人差があります。

 

 

ヒスタミン遊離促進物質が多く含まれると考えられている食品[#]Maintz L, Novak N. Histamine and histamine intolerance. Am J Clin Nutr. Oxford University Press; 2007;85: 1185–1196.  [#]Kovacova-Hanuskova E E al. Histamine, histamine intoxication and intolerance. - PubMed - NCBI [Internet]. [cited 30 Oct 2018]. Available: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26242570  [#]Schöll I, Jensen-Jarolim E. Allergenic potency of spices: hot, medium hot, or very hot. - PubMed - NCBI [Internet]. [cited 30 Oct 2018]. Available: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15528928

  • パイナップル、バナナ、イチゴ、パパイヤ
  • オレンジ、グレープフルーツやレモンなどの柑橘系果物
  • ドライフルーツ
  • ウォールナッツ、カシューナッツ、ピーナッツなどのナッツ類
  • チョコレート
  • シナモン、ナツメグ、クローブなど、スパイス類(これらのスパイスあくまでも一般的に挙げられている例です)
  • アルコール類
  • シーフード
  • 卵白
  • 豚肉
  • 着色料や防腐剤、香料などの食品添加物

 

 

DAO酵素を阻害する疑いのある食品[#]Zimatkin SM, Anichtchik OV. Alcohol-histamine interactions. - PubMed - NCBI [Internet]. [cited 30 Oct 2018]. Available: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10344773  [#]Zopf Y, Hahn EG, Raithel M, Baenkler H-W, Silbermann A. The Differential Diagnosis of Food Intolerance. Deutsches Ärzteblatt International. Deutscher Arzte-Verlag GmbH; 2009;106: 359.

  • アルコール類
  • ブラックティーやマテ茶、緑茶など
  • エネルギードリンク

 

 

低ヒスタミン食のコツ

ヒスタミン不耐症は人それぞれ原因となる食物も違えば、身体に現れる症状も異なります。その原因を探るための診断法として有力なのが除去法[#]Kohn, Balla J. Is there a diet for histamine intolerance? Journal of the Academy of Nutrition and Dietetics. 2014;114. doi:10.1016/j.jand.2014.09.009 。一定期間、高ヒスタミン食材を食生活から排除し、一度にひとつずつゆっくりと高ヒスタミン食を食事に加えて、どの食品に対して反応が起こるのかを特定します。

なお、低ヒスタミン食を長期間続けると栄養不足に陥る可能性もあるため、除去法のような厳しい低ヒスタミン食を取り入れる場合は、必ず医師に相談し、4週間以上は行わないように注意しましょう[#]Jarisch R, Wantke F. Wine and headache. - PubMed - NCBI [Internet]. [cited 30 Oct 2018]. Available: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8645981 。低ヒスタミン食はヒスタミン不耐症の治療のためではなく、個々のヒスタミン耐性を調べるための医療的診断ツールとして使用されるべきもの。なお、栄養失調は成長に重大な影響を与えますので、除去法は一般的に子供にはお勧めできません。

 

主な低ヒスタミン食

  • 生鮮肉、家禽(冷凍・生)
  • 生鮮魚
  • 新鮮な野菜(トマト、ほうれん草、アボカド、ナスを除く)
  • オリーブオイル、ココナッツオイルなどの食用油
  • ハーブティー

 

 

除去法に代わる効果的な対処方法

除去法に変わる診断方法として、皮膚にごく少量のヒスタミン溶液を注射して身体の反応を見る皮刺試験もヒスタミン不耐症の原因を特定するのに役立ちます。156名を対象に行われた2011年の皮刺試験では、1%に稀釈されたヒスタミン溶液を使用したところ、ヒスタミン不耐症が疑われる人の79%に腫れや痒みなどの反応が出たそうです[#]Kofler L, Ulmer H, Kofler H. Histamine 50-Skin-Prick Test: A Tool to Diagnose Histamine Intolerance. ISRN Allergy. Hindawi Limited; 2011;2011. doi:10.5402/2011/353045

また、残念ながらヒスタミン不耐症を引き起こす食品が特定できなかった場合も、ヒスタミンの分解を促進するDAO酵素のサプリメントを食事の10-15分前に摂取することで、アレルギーのような症状が緩和されることがあります[#]Manzotti G, Breda D, Di Gioacchino M, Burastero SE. Serum diamine oxidase activity in patients with histamine intolerance. Int J Immunopathol Pharmacol. SAGE Publications; 2016;29: 105. 。ただ、ヒスタミン不耐症の人のうちどのくらいの割合がDAO酵素の不足によるものなのかは、まだ研究が進んでいなくてよくわかっていないのが実情ですが、あまり多くはないと推測されているようです。でも、辛い症状に悩んでいる場合は、一度試してみる価値はあるかもしれません。また、ビタミンCやビタミンB6などもDAO酵素の活性化や、血中のヒスタミン濃度の低下に役立つことがあります[#]Maintz L, Novak N. Histamine and histamine intolerance. Am J Clin Nutr. Oxford University Press; 2007;85: 1185–1196.  [#]Hagel AF E al. Intravenous infusion of ascorbic acid decreases serum histamine concentrations in patients with allergic and non-allergic diseases. - PubMed - NCBI [Internet]. [cited 30 Oct 2018]. Available: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23666445  [#]Martner-Hewes PM E al. Vitamin B-6 nutriture and plasma diamine oxidase activity in pregnant Hispanic teenagers. - PubMed - NCBI [Internet]. [cited 30 Oct 2018]. Available: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3098085

ヒスタミン反応を恐れ、やみくもに自己流の食事制限をして体調を崩すよりも、医療の専門家に相談したり、ヒスタミン不耐症を抑えるサプリメントを利用したり、より安全な方法で上手にお付き合いしたいものですね。

 

関由佳 監修