Skip to navigation メインコンテンツに移動
おならやげっぷがよく出るあなた、SIBO(小腸内細菌異常増殖症)かも。
1  

おならやげっぷがよく出るあなた、SIBO(小腸内細菌異常増殖症)かも。

geefee ポイント geefee ポイント

・小腸は免疫系統をつかさどる重要な臓器
・いろいろな症状が見られるSIBO
・SIBOのリスクを高める生活習慣とは?
・FODMAP/避けるべき食品リスト

 

全長4mほどある「小腸」は人間の栄養の消化、吸収を担っています。この小腸、大腸と違ってあまり細菌が存在しないのが健康な状態[#]Bures J, Cyrany J, Kohoutova D, Förstl M, Rejchrt S, Kvetina J, et al. Small intestinal bacterial overgrowth syndrome. World J Gastroenterol. Baishideng Publishing Group Inc; 2010;16: 2978. 。でも、様々な理由で小腸に細菌(いわゆる善玉菌も含め)が大量発生してしまうと、多くのやっかいな慢性病の原因となるのです。IBS(過敏性腸症候群)や消化器官のトラブルにおいて、一部の研究では実に80%近くの患者がある共通の原因を抱えていることがわかってきています[#]Ghoshal UC, Srivastava D. Irritable bowel syndrome and small intestinal bacterial overgrowth: meaningful association or unnecessary hype. - PubMed - NCBI [Internet]. [cited 31 Jul 2018]. Available: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24627585/ 。それが小腸内細菌異常増殖症。英語だとシーボ(SIBO)。Small Intestinal(小腸) Bacteria (バクテリア⁻細菌)Overgrowth(増殖)の略語です。

 

小腸の働きを理解する

食べ物は、胃から大腸へ向けて流れていき、栄養のほとんどは小腸で消化、吸収されます。つまり小腸は「身体に良いもの」を選別して血流に取り込む働きがあり、逆に「身体に良くないもの」は大腸へ送り出し、排泄させる仕組みを持っています。

それだけではありません。小腸はリンパ系細胞が集まっていることから、免疫系統をつかさどる重要な臓器だということがわかっていますが、トラブルが起こると消化や吸収が正常に行われず、未消化のタンパク質が血流に乗ってしまいます[#]Santaolalla R, Fukata M, Abreu MT. Innate immunity in the small intestine. Curr Opin Gastroenterol. NIH Public Access; 2011;27: 125.  [#]Bischoff SC, Barbara G, Buurman W, Ockhuizen T, Schulzke J-D, Serino M, et al. Intestinal permeability – a new target for disease prevention and therapy. BMC Gastroenterol. BioMed Central; 2014;14. doi:10.1186/s12876-014-0189-7 。免疫系統では、未消化タンパク質は「異物」としてとらえられるため、アレルギー反応を起こします[#]Yu W, Hussey Freeland DM, Nadeau KC. Food allergy: immune mechanisms, diagnosis and immunotherapy. Nat Rev Immunol. NIH Public Access; 2016;16: 751. 。このため、小腸の健康は、多くの自己免疫系疾患に関連があると考えられているのです。

大腸には多くの細菌が存在し、これらは人間の健康のためにとても重要な働きをすることがわかってきていますが、小腸には本来、大腸と比べてあまり細菌は存在しません[#]Gorbach SL. Microbiology of the Gastrointestinal Tract. Medical Microbiology 4th edition. University of Texas Medical Branch at Galveston; 1996. 。しかし様々な理由で、小腸のぜん動運動が低下し、大腸などに常駐するバクテリアが小腸に逆流してしまうことがあります[#]Dukowicz AC, Lacy BE, Levine GM. Small Intestinal Bacterial Overgrowth: A Comprehensive Review. Gastroenterol Hepatol . Millenium Medical Publishing; 2007;3: 112. 。小腸の腸内環境がバクテリア発生に適したものだと、この逆流したバクテリアが繁殖してしまい、腸粘膜がただれ、健康上の様々なトラブルを起こすことがあります[#]Dukowicz AC, Lacy BE, Levine GM. Small Intestinal Bacterial Overgrowth: A Comprehensive Review. Gastroenterol Hepatol . Millenium Medical Publishing; 2007;3: 112. 。それがSIBO(シーボ)です。

多くの人が患っているものの、その原因究明が難しいとされている過敏性腸症候群も大半は実はSIBOが原因ではないかと考えられています[#]Ghoshal UC, Shukla R, Ghoshal U. Small Intestinal Bacterial Overgrowth and Irritable Bowel Syndrome: A Bridge between Functional Organic Dichotomy. Gut Liver. Editorial Office of Gut and Liver; 2017;11: 196. 。欧米では2000年頃からSIBOという概念が提唱され、研究が進められてきました[#]Park H. The Role of Small Intestinal Bacterial Overgrowth in the Pathophysiology of Irritable Bowel Syndrome. J Neurogastroenterol Motil. The Korean Society of Neurogastroenterology and Motility; 2010;16: 3. 。しかし日本ではまだあまり知られていない概念であり、医療現場でも対策があまり進んでいないのが現状です。そのため、SIBOの影響によるIBSなどの消化器トラブルを抱えている患者に、効果的な治療を提供できていないケースが多いのではないかと推察されます。

 

SIBOではどんな症状が現れる?

SIBOには、一般的に次のような症状が見られます[#]Bures J, Cyrany J, Kohoutova D, Förstl M, Rejchrt S, Kvetina J, et al. Small intestinal bacterial overgrowth syndrome. World J Gastroenterol. Baishideng Publishing Group Inc; 2010;16: 2978.  [#]Amit H. Sachdev MP. Gastrointestinal bacterial overgrowth: pathogenesis and clinical significance. Ther Adv Chronic Dis. SAGE Publications; 2013;4: 223.  [#]Uday C Ghoshal DS. Irritable bowel syndrome and small intestinal bacterial overgrowth: Meaningful association or unnecessary hype. World J Gastroenterol. Baishideng Publishing Group Inc; 2014;20: 2482.

  • ガス(過剰なげっぷやおなら)
  • おなかの張り
  • 下痢や便秘
  • 腹部の痛みやけいれん
  • 過敏性腸症候群または炎症性腸疾患
  • B12および他のビタミンやミネラルの欠乏症

 

また、下記の症状とSIBOとの間に関連性があると考えられています[#]Dukowicz AC, Lacy BE, Levine GM. Small Intestinal Bacterial Overgrowth: A Comprehensive Review. Gastroenterol Hepatol . Millenium Medical Publishing; 2007;3: 112.  [#]Bures J, Cyrany J, Kohoutova D, Förstl M, Rejchrt S, Kvetina J, et al. Small intestinal bacterial overgrowth syndrome. World J Gastroenterol. Baishideng Publishing Group Inc; 2010;16: 2978.

  • 低胃酸
  • セリアック病
  • リーキーガット症候群(腸管壁浸漏症候群)によるアレルギー症状など各種自己免疫疾患
  • クローン病
  • 強皮症
  • 糖尿病
  • 肝硬変、膵炎、腎不全などの臓器系機能不全

 

 

 

SIBOの原因は?

次のような生活習慣がSIBOのリスクを高める要因と考えられています。

  • 胃酸を抑える胃腸薬の長期服用:
    胃酸は胃液に含まれる消化液ですが、食べ物と一緒に体内に取り込まれる細菌を殺菌する働きがあります[#]Ghoshal UC, Shukla R, Ghoshal U. Small Intestinal Bacterial Overgrowth and Irritable Bowel Syndrome: A Bridge between Functional Organic Dichotomy. Gut Liver. Editorial Office of Gut and Liver; 2017;11: 196. 。そのため、非常に強い酸性(pH1.5-3.5)を示しますが、胃酸を抑える薬を長期に渡って服用すると、胃酸の分泌が悪くなり、胃を十分な酸性に保てなくなることもあります(低胃酸)[#]Sarker SA, Ahmed T, Brüssow H. Hunger and microbiology: is a low gastric acid‐induced bacterial overgrowth in the small intestine a contributor to malnutrition in developing countries? Microb Biotechnol. Wiley-Blackwell; 2017;10: 1025. 。また、ミネラルやタンパク質、ビタミンB12など、胃酸で分解されることによって吸収される栄養素もあるので、過度にならないよう服用の期間には気を付けましょう[#]Dukowicz AC, Lacy BE, Levine GM. Small Intestinal Bacterial Overgrowth: A Comprehensive Review. Gastroenterol Hepatol . Millenium Medical Publishing; 2007;3: 112.
     
  • 継続したアルコールの摂取:
    継続したアルコール摂取が小腸内の細菌を増殖させ、腸粘膜を損傷させると考えられています[#]Purohit V, Christian Bode J, Bode C, Brenner DA, Choudhry MA, Hamilton F, et al. Alcohol, Intestinal Bacterial Growth, Intestinal Permeability to Endotoxin, and Medical Consequences: Summary of a Symposium. Alcohol. NIH Public Access; 2008;42: 349.
     
  • 小腸のぜん動運動の低下:
    消化器官は、口から入った食べ物を消化吸収しつつ、老廃物を外へ送り出す仕組みになっています[#]Dukowicz AC, Lacy BE, Levine GM. Small Intestinal Bacterial Overgrowth: A Comprehensive Review. Gastroenterol Hepatol . Millenium Medical Publishing; 2007;3: 112.  [#]Stotzer PO E al. Interdigestive and postprandial motility in small-intestinal bacterial overgrowth. - PubMed - NCBI [Internet]. [cited 2 Aug 2018]. Available: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8888434 。胃を通過した食物は、小腸のぜん動運動によって大腸へと送られますが、ぜん動運動の低下がSIBOを引き起こす一因になっているかもしれません[#]Dukowicz AC, Lacy BE, Levine GM. Small Intestinal Bacterial Overgrowth: A Comprehensive Review. Gastroenterol Hepatol . Millenium Medical Publishing; 2007;3: 112. 小腸でぜん動運動が十分に行われない場合、繁殖した細菌が小腸の内膜をただれさせ、栄養の吸収を邪魔します[#]Dukowicz AC, Lacy BE, Levine GM. Small Intestinal Bacterial Overgrowth: A Comprehensive Review. Gastroenterol Hepatol . Millenium Medical Publishing; 2007;3: 112.  [#]Stotzer PO E al. Interdigestive and postprandial motility in small-intestinal bacterial overgrowth. - PubMed - NCBI [Internet]. [cited 2 Aug 2018]. Available: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8888434

 

小腸のぜん動運動が低下する原因はいくつか考えられます。まず、加齢による筋力の低下や過度のストレス[#]Dukowicz AC, Lacy BE, Levine GM. Small Intestinal Bacterial Overgrowth: A Comprehensive Review. Gastroenterol Hepatol . Millenium Medical Publishing; 2007;3: 112.  [#]Shao-Xuan Wang W-CW. Effects of psychological stress on small intestinal motility and bacteria and mucosa in mice. World J Gastroenterol. Baishideng Publishing Group Inc; 2005;11: 2016. 。そして、糖尿病による神経障害や、強皮症による血管へのダメージなどで起こる合併症などが挙げられます[#]Dukowicz AC, Lacy BE, Levine GM. Small Intestinal Bacterial Overgrowth: A Comprehensive Review. Gastroenterol Hepatol . Millenium Medical Publishing; 2007;3: 112.  [#]Marie I E al. Small intestinal bacterial overgrowth in systemic sclerosis. - PubMed - NCBI [Internet]. [cited 2 Aug 2018]. Available: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19696066 。その他、糖質過多などの悪い食習慣がSIBOを悪化させるとも考えられますが、まだ研究による実証が進んでいないのが実情です。

 

SIBOはどうやって診断される?検査方法は?

診断基準の一つとして、小腸内のバクテリアから出る水素やメタンガスを呼気から検出する方法があります。この検査では12時間の絶食の後グルコースを投与し、最低2時間にわたって15分ごとに、呼気検体内の水素とメタンガスの変化を測定します[#]Enko D, Halwachs-Baumann G, Stolba R, Mangge H, Kriegshäuser G. Refining small intestinal bacterial overgrowth diagnosis by means of carbohydrate specificity: a proof-of-concept study. Therap Adv Gastroenterol. SAGE Publications; 2016;9: 265. 。アメリカではこの検査方法が広く採用されています[#]Dukowicz AC, Lacy BE, Levine GM. Small Intestinal Bacterial Overgrowth: A Comprehensive Review. Gastroenterol Hepatol . Millenium Medical Publishing; 2007;3: 112. 。日本でも呼気検査は可能なので、もしかして、と思い当たる節があれば、医師に相談して水素およびメタンガスの呼気テストを受けてみると良いでしょう。

 

SIBOを克服するには?

SIBOであるとわかったら、今度はどのように対処すればよいのか。個別には医師との相談を要しますが、特にSIBOに有効と考えられているタイプの抗生物質の服用が一般的なようです。これは短期的には確かに有効ですし、重症の場合には抗生物質しか治す方法はないかもしれませんが、再発率が高いという研究結果もあります[#]Lauritano EC E al. Small intestinal bacterial overgrowth recurrence after antibiotic therapy. - PubMed - NCBI [Internet]. [cited 2 Aug 2018]. Available: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18802998/ 。原因はわかっていませんが、強力な抗生物質の作用で、腸内の微妙な細菌達のバランスが崩れるからかもしれません。

一方で、抗生物質ではなく、抗細菌作用のある自然のハーブ(ベルベリン オレガノオイル、 ペパーミントオイル、アリシンなど)の使用を推奨する専門家もいます[#]Chedid V, Dhalla S, Clarke JO, Roland BC, Dunbar KB, Koh J, et al. Herbal Therapy Is Equivalent to Rifaximin for the Treatment of Small Intestinal Bacterial Overgrowth. Global Advances in Health and Medicine. SAGE Publications; 2014;3: 16.

なお、SIBOで悩んでいる人は日頃の食事に注意する必要があります。特定の糖類がSIBOの症状を悪化させる要因となることがあります[#]Ghoshal UC, Shukla R, Ghoshal U. Small Intestinal Bacterial Overgrowth and Irritable Bowel Syndrome: A Bridge between Functional Organic Dichotomy. Gut Liver. Editorial Office of Gut and Liver; 2017;11: 196. 。それを表す“FODMAP”(フォドマップ) という言葉は、それぞれの糖類の頭文字、F=発酵性の、O=発酵性のオリゴ糖、D=二糖類、M=単糖類、P=ポリオール類(Aは“And”)を組み合わせたものです。揚げ物や糖質の多い欧米風の食事を続けることは特に悪性菌の発生を増加させてしまいます[#]Ghoshal UC, Shukla R, Ghoshal U. Small Intestinal Bacterial Overgrowth and Irritable Bowel Syndrome: A Bridge between Functional Organic Dichotomy. Gut Liver. Editorial Office of Gut and Liver; 2017;11: 196.

上記の糖類を多く含み、体内で発酵しやすい食品をまとめたのがFODMAP/避けるべき食品リスト[#]Nanayakkara WS, Skidmore PML, O’Brien L, Wilkinson TJ, Gearry RB. Efficacy of the low FODMAP diet for treating irritable bowel syndrome: the evidence to date. Clin Exp Gastroenterol. Dove Press; 2016;9: 131. です。各種療法でいったん完治した人でも、このFODMAPリストをある程度意識した食事をすることで再発のリスクを低減することもできると考えられています[#]Altobelli E, Del Negro V, Angeletti PM, Latella G. Low-FODMAP Diet Improves Irritable Bowel Syndrome Symptoms: A Meta-Analysis. Nutrients. Multidisciplinary Digital Publishing Institute (MDPI); 2017;9. doi:10.3390/nu9090940 。逆にもとの不適切な食事に戻ってしまうと、すぐに再発してしまうケースがとても多いと言われています。どのくらいの期間この食事制限を厳格に実施すべきかはやはり医師の指示に従ってくださいね。

 

FODMAP/避けるべき食品リスト

  • フルクトース:果糖、果汁、ハチミツ、コーンシロップ、メープルシロップ、加工糖
  • ラクトース:乳製品および乳製品、乳糖を加工した食品
  • フルクタン:小麦、ニンニク、タマネギ、アスパラガス、ニラ、ブロッコリー、キャベツ、アーティチョーク
  • ガラクタン:豆類
  • ポリオール:ソルビトール、イソマルト、ラクチトール、マルチトール、キシリトール、エリスリトールなど、無糖ガムや医薬品などに含まれる甘味料

まだ腸には私たちが知らない様々な可能性や機能があると考えられており、世界中でさかんに研究が進められています。残念ながら日本では、SIBOについて欧米と比べるとまだあまり一般に知られていないのが実情で、消化器疾患の診断にも生かされていないケースも比較的多いのではないかと推測されます。これからも新しい情報や知識のアップデートが望まれるトピックといえるでしょう。