Skip to navigation メインコンテンツに移動
2019年、geefeeが予測する健康トレンド6つ
9  

2019年、geefeeが予測する健康トレンド6つ

 

さまざまな健康情報が大量にネットなどで発信されている現在、古くてすでに覆されている情報と最新の科学に裏打ちされている情報がごっちゃになって区別しにくくなっています。geefeeでは、日頃より国内外の最新情報を一早く摂り入れ、科学に基づいた中立な見地からお届けしていますが、今回はお正月の企画として、今年2019年に国内外でブレイクするだろうと思われる健康のキーワード6つをご紹介いたします。新年の健康プランを組み立てたいこの時期に是非皆様のお役に立ててください。

 

1.さまざまな健康効果が期待できる赤外線セラピー

昨年ブレイクした健康テーマに「ミトコンドリア」というのがありました。今年は、このミトコンドリアを活性化する具体的方法に関連するエリアがブレイクすると予想します。特に、赤色の可視光や遠赤外線とミトコンドリアの関係。サウナの記事でも一部ご紹介いたしましたが、細胞実験や動物実験では、遠赤外線が、細胞のエネルギー工場であるミトコンドリアでの活性酸素の生成や酸化ストレスの抑制を行うという報告があります[#]Keszler, Agnes, Garth Brandal, Shelley Baumgardt, Zhi-Dong Ge, Phillip F. Pratt, Matthias L. Riess, and Martin Bienengraeber. 2014. “Far Red/near Infrared Light-Induced Protection against Cardiac Ischemia and Reperfusion Injury Remains Intact under Diabetic Conditions and Is Independent of Nitric Oxide Synthase.” Frontiers in Physiology 5 (August):305.  [#]Giuliani, Alessandro, Luca Lorenzini, Michele Gallamini, Alessandro Massella, Luciana Giardino, and Laura Calzà. 2009. “Low Infra Red Laser Light Irradiation on Cultured Neural Cells: Effects on Mitochondria and Cell Viability after Oxidative Stress.” BMC Complementary and Alternative Medicine 9 (April):8. 。また、欧米では、JOOVVという赤色の可視光と赤外線を発生するデバイスも販売されています。いかに、普段の生活に赤色の可視光と遠赤外線を取り入れるか?geefeeでは、今年早々うより実際に体験し、レポートも行いたいと考えています。

【関連記事】「トコンドリアを増やしてキレイに長生きする方法

 

2. 健康と美しさの鍵を握るケイ素

ナトリウム、マグネシウム、カルシウムや亜鉛、鉄など人の身体に必要な必須ミネラルはよく知られていますが、その中でも、骨や血管、関節のほか、髪や肌などの健康に大きな影響を与え、現代人が不足しがちな微量ミネラルのケイ素は、人間の健康維持、特に肌や髪や爪などの健康に欠かせないうえに、アルミニウムのデトックスにも有効な注目すべき[#]Martin KR. The chemistry of silica and its potential health benefits. - PubMed - NCBI [Internet]. [cited 10 Nov 2018]. Available: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17435951 。まだまだ一般的に認識されていない傾向がありますが、今後、サプリメントの上手な活用などがテーマとなっていくと予想します。

【関連記事】「肌、髪、骨の健康に効果絶大!?「ケイ素」を上手に摂取する方法

 

3. 身体に優しい食事は低温調理で

geefeeでは、高温調理や揚げ物を避ける等、料理の方法をとても重視しています。高温で調理すると、料理に香ばしさが加わり、美味であることは確か。しかし、これには健康への代償が含まれていることを忘れてはいけません。グリルやフライや強火でのソテーなどの高温調理は、炎症性や癌性のある物質の生成や油脂の酸化等、健康や若々しさの維持の妨げになる化合物を生成してしまいます。可能な限りスチームやボイルや鍋料理などの低温調理を心掛けて身体を守ることについて、ヘルスコンシャスな方々のあいだで今年は関心が集まることを予想します。

【関連記事】「「シリコンバレー式」調理法マップ~どう調理する?~
 

4. ヌートロピックの未知なる可能性

脳の活性化に役立つ「Nootropic」関連のサプリメントで特集した、脳のパフォーマンスを上げるサプリメントの総称であるヌートロピック。脳を元気にさせ集中力や記憶力を高める効果が期待できます。まだまだ研究段階の種類もあり課題も多くありますが、米国ではヌートロピックの効果について多くの有名で信頼できる支持者が存在します。一方で、脳は途方もなく複雑でデリケートな臓器。サプリ選びは慎重に。

【関連記事】「脳の活性化に役立つ「Nootropic」関連のサプリメント

 

5.抗炎症スーパースパイス、クルクミン

みなさんもご存知のスーパーフード、ウコン(ターメリック)の主な健康成分がクルクミンです。ニューロジェニシスをサポートし脳機能を改善、心臓病のリスク低下、強力な抗炎症作用等、多くの健康効果が期待できます。しかし、純粋なウコン粉末内にはクルクミンは約3%しか含まれていませんので[#]Tayyem RF, Et al. n.d. “Curcumin Content of Turmeric and Curry Powders. - PubMed - NCBI.” Accessed December 19, 2018. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17044766. 、サプリメント等での摂取がオススメです。

【関連記事】「欧米で今話題のウコンのすごい効能

 

6.動的なランニング一辺倒ではなく、ウェイトトレーニングの分量を増やす

健康づくりには運動は不可欠です。でも最大の効果を引き出すにはその内容のバランスも大切。2018年11月16日、ペルーのリマで開催された「ACCラテンアメリカ会議2018」で、ウェイトなどを使用した筋力トレーニングのような静的な運動は、サイクリングやマラソンのような動的な持久運動より心臓血管疾患のリスクを低下させることと強く関連している可能性があるという事が示唆されました。ランニングが健康に良いとする神話がありますが、ダラダラと走ることが必ずしも効率的な運動法ではないことに今年は注目が行くと予想します。

 

研究や実験が重ねられていくにつれて、どんどん進化する健康情報。geefeeは、常にアンテナを張り、世界中の健康情報を取り入れ皆様に発信していきます。2019年も厳選された記事をお楽しみに!

 

happy geefee

 

 

 


geefeeコンセプト

身体と心の健康を高めていくための実践的方法とその理論的背景を分かりやすくお伝えする健康情報サイト。完全オリジナル記事を無料で提供しています。どこの企業系列にも属さない独立の法人であるgeefeeは、ユーザーの心強い味方です。外部からの影響を受けず、商業的インセンティブも絡まない――だからこそgeefeeは信頼できる情報を皆様に提供し続けることができるのです。

geefeeで推奨している健康習慣は、低糖質ダイエットや糖質制限やパレオダイエットなどの食事法、スーパーフードやサプリ、予防医学の考え方など、世界の最新の健康情報に基づくもの。無理なく実行でき、効果が実感できたものだけを継続する。このプロセスを積み重ねていくことで、あなたの健康IQはどんどん上がり、自分だけの健康ライフスタイルが自然とデザインされていきます。あなたもgeefeeと共にヘルシーな上昇軌道に乗ってみませんか?