Skip to navigation メインコンテンツに移動
関節痛に効果があるって本当?知っておきたいグルコサミンの注意点。
3  

関節痛に効果があるって本当?知っておきたいグルコサミンの注意点。

geefee ポイント geefee ポイント

・関節痛等に効果が期待できるグルコサミン
・サプリメントで摂取するグルコサミンの潜在的リスク
・グルコサミンの摂取方法と注意事項
・潜在的リスクのあるグルコサミン+コンドロイチンの摂取
・グルコサミンを自然に摂取できるボーンブロス

 

テレビのCMやネット広告などでよく目にするグルコサミン。ひざの痛みや関節痛の軽減、改善効果をもたらすというキャッチフレーズで、サプリメントが販売されています。また、このグルコサミンサプリメントに含まれているサメの軟骨の抽出物であるコンドロイチンとの関係性も気になるところ。でもこれだけ宣伝されていると、本当に効果があるのかが逆に気になるところ。今回は、このグルコサミンがもたらす効果と潜在的なリスクについてお伝えします。

 

グルコサミンって何?

軟骨の材料であるヒアルロン酸を構成する糖の一種であるグルコサミンは、体内で自然に生成されます[#]PubChem. n.d. “D-Glucosamine.” PubChem. Accessed June 1, 2020. https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/439213. 。自然由来では甲殻類の殻や、動物の皮膚や軟骨に含まれていますが、食事としてこれらの物質を常日頃食べることは困難な場合も多く、N-アセチルグルコサミンとして抽出しサプリメント等で摂取することができます[#]“Glucosamine Sulfate: MedlinePlus Supplements.” n.d. Accessed June 1, 2020. https://medlineplus.gov/druginfo/natural/807.html. 。年齢を重ねるにつれて減少するグルコサミン。特に高齢者の使用者が多く、このグルコミサンを補うことで骨関節疾患が改善される、と言う触れ込みで販売されています。

 

 

グルコサミンに期待できる効果って?

グルコサミンの効果に関連した研究結果は多くあります。一部の研究では、炎症性腸疾患(IBD)[#]“Anti-inflammatory Effects of Orally Administered Glucosamine Oligomer in an Experimental Model of Inflammatory Bowel Disease” n.d. Accessed June 1, 2020. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25439918/. や間質性膀胱炎[#]Russell, A. L. 1999. “Glycoaminoglycan (GAG) Deficiency in Protective Barrier as an Underlying, Primary Cause of Ulcerative Colitis, Crohn’s Disease Interstitial Cystitis and Possibly Reiter's Syndrome.” Medical Hypotheses 52 (4). https://doi.org/10.1054/mehy.1997.0652. 等の炎症性疾患の軽減の可能性が示されていますが、決定的な結論を裏付けるデータはなく、更なる研究が必要とされています。

また、変形性関節症、関節リウマチおよび骨粗しょう症に関連する症状および疾患の進行を治療する可能性が示されています[#]Kucharz, E. J., V. Kovalenko, S. Szántó, O. Bruyère, C. Cooper, and J. Y. Reginster. 2016. “A Review of Glucosamine for Knee Osteoarthritis: Why Patented Crystalline Glucosamine Sulfate Should Be Differentiated From Other Glucosamines to Maximize Clinical Outcomes.” Current Medical Research and Opinion 32 (6). https://doi.org/10.1185/03007995.2016.1154521.  [#]Bruyère, Olivier, Cyrus Cooper, Nasser M. Al-Daghri, Elaine M. Dennison, René Rizzoli, and Jean-Yves Reginster. 2018. “Inappropriate Claims from Non-Equivalent Medications in Osteoarthritis: A Position Paper Endorsed by the European Society for Clinical and Economic Aspects of Osteoporosis, Osteoarthritis and Musculoskeletal Diseases (ESCEO).” Aging Clinical and Experimental Research 30 (2): 111. 。市販されているグルコサミンのサプリメントを摂取している消費者が期待しているのはこれらの関節症に関連した効果です。しかし、改善がみられたという報告がある一方で、大きな変化が見られなかった例もあり[#]Nakamura, H., K. Masuko, K. Yudoh, T. Kato, T. Kamada, and T. Kawahara. 2007. “Effects of Glucosamine Administration on Patients With Rheumatoid Arthritis.” Rheumatology International 27 (3). https://doi.org/10.1007/s00296-006-0197-1. 、研究者の間でその効果の賛否が論じられています。

 

 

グルコサミンを摂取する場合の注意事項

グルコサミンの健康効果が論じられている一方で、重度ではありませんが、以下のような副作用もあります[#]PubChem. n.d. “D-Glucosamine.” PubChem. Accessed June 1, 2020. https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/439213.

・吐き気や嘔吐
・下痢 
・胸焼け
・腹痛

また、カニやエビなどの殻から抽出されているグルコサミンですが、甲殻類アレルギーの人でも安全とされている一方で[#]Nish, Andy. 2004. “Allergy and Asthma Connection—from the American Academy of Allergy, Asthma and Immunology.” Asthma Magazine. https://doi.org/10.1016/j.asthmamag.2004.10.002. 、即時型アレルギー反応が出た症例もありますので[#]Tallia AF, Cardone DA. Asthma exacerbation associated with glucosamine-chondroitin supplement. J Am Board Fam Pract. 2002;15(6):481-484. 、思い当たる方が摂取する際は医師などに相談する方が良いでしょう。

また、アミノ糖であるグルコサミンは2型糖尿病の原因となるインスリン分泌やインスリンによるグルコースの取り込みを制御する可能性があり[#]Pham T, Cornea A, Blick KE, Jenkins A and Scofield HR. Oral glucosamine in doses used to treat osteoarthritis worsens insulin resistance. The American Journal of the Medical Sciences 2007; 333(6):333-339. 、すでに糖尿病を患っている人や、肥満などの糖尿病予備群に当てはまる人も服用前に必ず医師などに相談をしましょう。

その他、緑内障のリスクが高くなる可能性もあることが分かっています[#]Shmerling, Robert H. 2016. “The Latest on Glucosamine/chondroitin Supplements - Harvard Health Blog.” Harvard Health Blog. October 17, 2016. https://www.health.harvard.edu/blog/the-latest-on-glucosaminechondroitin....

 

 

グルコサミン+コンドロイチンの潜在的リスクも!

グルコサミンと同様に関節の痛みに効果があると言われているコンドロイチンは、動物体内にみられるグリコサミノグリカン(ムコ多糖)の一種で、サメの軟骨の抽出物です。サプリメントのパッケージなどにも書かれていますが、グルコサミンのサプリメントにこのコンドロイチンも含まれている製品がほとんど。似たような効果を持った2つの物質が配合されているわけですが、2016年の新しい研究では、グルコサミンとコンドロイチンが配合されたサプリメントを摂取した被験者の症状が悪化したという例も[#]Shmerling, Robert H. 2016. “The Latest on Glucosamine/chondroitin Supplements - Harvard Health Blog.” Harvard Health Blog. October 17, 2016. https://www.health.harvard.edu/blog/the-latest-on-glucosaminechondroitin.... 。改善例もあるので、一概には言えませんが、潜在的なリスクも知っておくべきでしょう。

 

グルコサミンサプリメントの摂取方法

厚生労働省では、

経口摂取の服用量については変形性関節症:1,500 mg を1日1回、又は 500 mg を
1日3回、顎関節(TMJ)炎:500 mg を1日3回

が推奨量とされています。一方、アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)では、その安全性や有効性は容認されておらず、サプリ先進国であるアメリカではグルコサミンはサプリの中でもかなりマイナーな存在です。

また、薬用植物やサプリメント、食品との相互作用は不明とされています。アニシンジオンやジクマロールなどの薬剤との相互作用も報告されていますので、食事の際に摂取している人は、時間を空けるなど十分に注意しましょう。また、海外の記事では、2か月服用して痛みが軽減されない場合は、改善の可能性が低いことも示唆されています。

 

 

ボーンブロスでグルコサミンを積極的に摂取!

牛や鶏などの骨から取っただし汁のボーンブロス。コラーゲンやアミノ酸、ミネラルなどの栄養素がたっぷり含まれていますが、グルコミサンもこのボーンブロスから摂取することができます。栄養補助食品のサプリメントからではなく、自然由来の食材からグルコミサンを摂取するのも1つの方法です。宣伝費に膨大な費用を投じた大企業のサプリではなく、腸内環境を整えたり健康的な肌や髪を維持したりとさまざまな健康効果が期待できるボーンブロスを食事に取り入れてみては?

【関連記事】「天然のサプリ!ボーンブロスの健康効果を徹底解説!

 

 

~まとめ―関節痛に効果があるって本当?知っておきたいグルコサミンの注意点。~
関節の痛みを和らげるのに効果的なイメージのあるグルコサミンは、日本では一部の大企業による宣伝のために過大評価されている側面があります。その関節痛への効果は個人差もあり、また懸念すべき注意点や健康リスクも存在します。また、大企業の宣伝に踊らされて海外だと安価なサプリに大枚をはたく前に、本当に自分に効果がありそうかを検証しましょう。また、サプリよりもボーンブロスの方が関節に良い多くの栄養素が含まれていますし、何より食品として美味しいので、おススメです。

コメント

コメントを追加