Skip to navigation メインコンテンツに移動
連載コラム カナダ在住薬剤師が伝授!実践サプリ講座(8)風邪ひきにはどんなサプリがおススメ?
6  

連載コラム カナダ在住薬剤師が伝授!実践サプリ講座(8)風邪ひきにはどんなサプリがおススメ?

 

私が住むカナダでは、すでに雪が降り積もり、インフルエンザの予防接種とウインタータイヤへの交換といった恒例の冬支度が行われています。

日本も寒くなっていると思いますので、風邪をひいている人もいるのではないでしょうか? 私は日本とカナダの両方で薬剤師として働いてきましたが、一つ気付いたことがあります。日本では風邪のひき始めでもすぐに抗生剤、抗菌剤が医師から処方されますが、カナダでは風邪処方のガイドラインがあり、抗生剤、抗菌剤はなかなか通常処方されないということです。熱が3日以上引かず、また風邪の原因細菌の感染が確認された場合に初めて抗生剤が処方されるのです。

 

通常の風邪に抗生剤は効果なし

 

安易な抗生剤の服用は耐性菌の出現の危険性を高め、腸内細菌叢へ多大なダメージを与えたり、肝臓に負担をかけたりします。しかし、それ以前に、通常の風邪には抗生剤は効かない、ということを認識する必要があります。ほとんどの風邪はウィルスが原因なのですが、抗生剤はウィルスには効果はなく、一定のバクテリアにしか通用しないのです。風邪に似た症状の感染症のために抗生剤が必要な場合もありますが、一般的な風邪に抗生剤が効く、という認識は改める必要があります[#]“Colds, Flu, and Other Respiratory Illnesses: Don’t Rush to Antibiotics” n.d. Accessed December 12, 2018. https://choosingwiselycanada.org/wp-content/uploads/2017/11/Antibiotics-....  [#]Harris AM, Et al. n.d. “Appropriate Antibiotic Use for Acute Respiratory Tract Infection in Adults: Advice for High-Value Care From the American College of Physicians and ... - PubMed - NCBI.” Accessed December 12, 2018. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26785402.

風邪症状はなかなか仕事や学校を休めない忙しい現代人にとって本当につらいものです。風邪をひかないように予防するためにはどんな方法があるのでしょうか?[#]Hiyama, Toru, and Masaharu Yoshihara. 2018. “かぜ症候群の予防に関するメタ解析論文のレビュー.” Bulletin of General Health Research, Hiroshima University Health Service Center 34 (March): 67–74.

 

  1. 風邪をひいている人に近寄らない(マスクの着用など)
  2. 水分を十分に摂る。また、喉が乾燥しないよう注意する(喉の保湿により乾燥を好むウイルスの活動を抑制)
  3. 風邪予防に有効なビタミンやミネラルを摂る
     

今回はこの「3.」の風邪予防に有効なビタミン、ミネラルについて紹介したいと思います。

 

ビタミンⅭ

ビタミンCは強い抗酸化作用があり、体の免疫力の源泉である白血球の働きを高めます。ビタミンCの摂取により、風邪を予防できるわけではないようですが、風邪をひいてしまった場合にはその罹患期間の短縮の効果があることが多くの研究で発表されています。

また、1日に6~8gという高用量のビタミンⅭが風邪の治療薬としての働きがあるのではないかという興味深い研究もなされていますので、ビタミンCは「風邪サプリ」として最も重要なサプリの一つといえるでしょう。

ビタミンCは余剰分は尿で排出されるため、高用量摂取による危険性は低いといわれています。報告されている副作用としては下痢や胃腸障害などの消化器症状がありますが、これは余剰分の排出による現象であり、過剰に摂取してしまった場合の体への悪影響が少ない根拠ともいえます。いずれにせよ、多くの研究で高用量ビタミンCの摂取により期待されるさまざまな効果が発表されています。

推奨摂取量)通常、サプリメントとして1日2gまでといわれていますが、風邪のときにはこの何倍もの高用量を勧める専門家もいます。不思議と、風邪のときには大量に摂取しても下痢になりにくいようです。これは、風邪のときには体がより多くのビタミンCを必要としているからという専門家もいますが、まだまだ研究が必要な分野です。

参考データ 文献[#]Ran, Li, Wenli Zhao, Jingxia Wang, Hongwu Wang, Ye Zhao, Yiider Tseng, and Huaien Bu. 2018. “Extra Dose of Vitamin C Based on a Daily Supplementation Shortens the Common Cold: A Meta-Analysis of 9 Randomized Controlled Trials.” BioMed Research International 2018. https://doi.org/10.1155/2018/1837634  [#]Maggini S, Et al. n.d. “A Combination of High-Dose Vitamin C plus Zinc for the Common Cold. - PubMed - NCBI.” Accessed December 12, 2018. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22429343.  [#]“Larger Doses of Vitamin C May Lead to a Greater Reduction in Common Cold Duration.” n.d. ScienceDaily. Accessed December 12, 2018. https://www.sciencedaily.com/releases/2017/03/170330115246.htm.

 

 

亜鉛

風邪症状が発現してから24時間以内に亜鉛を摂取すると風邪症状を緩和し、罹患期間を短縮すると考えられています。また、サプリとして最低5カ月亜鉛を摂取し続けていると、風邪を予防(あるいはその症状を軽減)し、欠勤を減らすことができたという発表もあります。経口用亜鉛もまれに吐き気などの副作用が報告されています。また、特定の抗生物質などと相互作用がある場合もありますので、処方薬を服用している方は摂取する前に一度医師や薬剤師に確認してもらった方がいいでしょう[#]Prasad AS, Et al. n.d. “Duration and Severity of Symptoms and Levels of Plasma Interleukin-1 Receptor Antagonist, Soluble Tumor Necrosis Factor Receptor, and Adhesion Mole... - PubMed - NCBI.” Accessed December 12, 2018. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18279051?dopt=Abstract.  [#]Singh, M., and R. R. Das. n.d. “Zinc for the Common Cold. - PubMed - NCBI.” Accessed December 12, 2018. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21328251?dopt=Abstract.

推奨摂取量)サプリメントとして1日40㎎程度

 

風邪症状はとてもつらいものです。症状を緩和しようと受診し、すぐに抗生物質や総合感冒薬などの薬に頼りがちですが、実は風邪症状の治療薬というものは存在しません。風邪には安静にし、しっかり睡眠をとって回復に必要な体力を温存することが一番の治療法だといえます。日頃の健康的なライフスタイルで基礎的な免疫力を高め、いざ風邪をひいたときにはこの記事で紹介したビタミンCや亜鉛などを動員して、なるべく体の自然な治癒力を生かして風邪に打ち勝ちましょう。

 

 

著者プロフィール

-マイルバガナム-
2004年からカナダ在住。薬剤師として働いている二児のママ。複雑な家庭環境で育ったため、幼少の時から哲学、思想に興味があり、自分自身の心身を保つ為いつも心に栄養がいくような生活を送れるように意識している。身体と脳が喜ぶ食事に興味があり。自分でできる範囲のホールフーズダイエット実践中。