Skip to navigation メインコンテンツに移動
花粉シーズン到来!「バイオネット」で薬を使わない花粉症対策
4  

花粉シーズン到来!「バイオネット」で薬を使わない花粉症対策

 

いよいよ今年も花粉シーズンに突入しました。地域によって異なりますが、今年の花粉飛散量は、例年比の110%とやや多め。特に中国地方と、北陸の飛散量が多いようです[#]「日本気象協会 tenki.jp」https://tenki.jp/pollen/expectation/ 。また、東京都内におけるスギ花粉症有病率が、48.8%!2人に1人が花粉症持ちということになりますので電車内でマスクをしている人を多く見かけるのも納得です。東京都が行った平成28年度の花粉症患者実態調査では、7.8%の人が「医療機関にかかっても日常生活に支障がある」と回答している現実をみると、花粉症で八方塞の人も多いのではないでしょうか?実は、筆者もその一人。花粉症にかかってから既に20年以上経過していますが、毎年対策に苦労しています。

そこで、今回は新たな試みとして、薬を使わない花粉対策「バイオネット(bionette)」にチャレンジしてみました。鼻に2本の棒を差し込むだけというこの不思議なデバイスの効果はいかに?詳しく解説していきます。

 

 

これまでの花粉症対策の経緯

ここ数年で行ってきた花粉症対策ですが、その時期の飛散量によって変わってきます。頭痛や眼の痒みが酷い年には、病院でお薬を貰ったこともあれば、ひたすら目薬だけで我慢する年も。花粉症に良いと言われているルイボスティーも発酵食品もあまり効果がないというのが実感。極力薬や予防接種等には頼りたくないので、試行錯誤しながらなんとか自力で乗り越えてきました。

昨年からは、逆立ち(脳に血を送り込む)が花粉に良いという情報を得ましたので、毎日約1分間の逆立ちを4~5回しています。そして次にトライしてみたのがこのバイオネットです。

【関連ブログ】「毎日の逆立ちで体と心のバランスを整える

 

バイオネットの仕組みは?

ネットでリサーチをしている中で出会ったこのバイオネットの特長は、鼻に差し込む2本の突起物から出る可視光源(赤色光、630nm)。この光は、アレルギー対策に有効だという近赤外線の光で、この光が鼻の粘膜に照射されることで症状が緩和されるという触れ込み。赤外線治療は、一部の医療機関でも使用されており、また赤色の光はgeefeeでも注目している健康効果でもある、というのが今回チャレンジしてみた背景です。

 

臨床試験の認定と効果

オフィシャルホームページへ行くと、2つの臨床試験

「アレルギー性鼻炎の12歳から68歳の患者を対象として二つのグループに分けて光治療のアレルギー性鼻炎と鼻ポリープ症への治療効果」

「アレルギー性鼻炎の6歳から66歳の患者を対象として二つのグループに分けて花粉症・アレルギー性鼻炎光治療の効果と安全性」

の結果も見ることができます。花粉症だけではなく、鼻詰まりやアレルギー性鼻炎への効果も見られたとのこと。また、ホームページには、動物アレルギーやハウスダストアレルギーなど、幅広く効果があると記載されています。

 

それではバイオネットを使用してみましょう!

使い方はとても簡単です。

 

 

電池を入れてボタンを押すと赤い光が出ます。

 

 

何やらとても怪しい光ですが、このまま鼻の奥まで差し込みます。

特に熱を感じるとか痒くなるとか音がするとかは無く、鼻に差し込んだ状態でこのライトが消えるまでの4分30秒間じっと待ちます。もちろん、本を読んだり、他の事をするのもOKですが、どこかにぶつけて更に鼻の奥に、、、なんてこともありますので、まあじっとしているのが無難かと。

 

鼻に差し込んだ状態で鏡を見てみると、、、

 

 

わっ!肌に透けて光る赤い光が異様な光景です。

これを、症状が軽い人なら1日3回程度、重症の人は1日4回~5回、数週間続けます。特に副作用はなく、他のお薬と併用することも可能なので、花粉症のお薬と併用しても大丈夫。

 

気になるその効果は?

検査もネットで自宅の時代?アレルギー検査キットに挑戦!」の記事でもお伝えしたように、筆者は元々猫アレルギーやハウスダストのアレルギー(数値はマックスです)も持っているので、昨年の暮れ位から断続的にバイオネットを使用しています。

そして、花粉シーズンが到来する数週間前から毎日使用するように。例年の傾向として、花粉の基本症状でもある目のかゆみや鼻のムズムズが2月の半ばくらいから徐々に出始めるのですが、今のところ大きな症状はありません。完治したというわけではありませんが、症状がだいぶ軽減しているように思えます。まだ今年は鼻もかんでいないし、目薬も必要としていない状態。

また、冒頭で述べたように、対策の1つとして逆立ちも採り入れていますので、一概にこのバイオネットだけが軽減の要因かは不明ですが、赤色の可視光や遠赤外線は、ミトコンドリアの活性化や酸化ストレスの抑制に効果があるという報告[#]Keszler, Agnes, Garth Brandal, Shelley Baumgardt, Zhi-Dong Ge, Phillip F. Pratt, Matthias L. Riess, and Martin Bienengraeber. 2014. “Far Red/near Infrared Light-Induced Protection against Cardiac Ischemia and Reperfusion Injury Remains Intact under Diabetic Conditions and Is Independent of Nitric Oxide Synthase.” Frontiers in Physiology 5 (August):305.  [#]Giuliani, Alessandro, Luca Lorenzini, Michele Gallamini, Alessandro Massella, Luciana Giardino, and Laura Calzà. 2009. “Low Infra Red Laser Light Irradiation on Cultured Neural Cells: Effects on Mitochondria and Cell Viability after Oxidative Stress.” BMC Complementary and Alternative Medicine 9 (April):8. もありますので、何かしら身体に作用しているという手ごたえは感じます。

【関連記事】「ミトコンドリアを増やしてキレイに長生きする方法

 

アレルギーだけじゃない?良質な睡眠にも効果を実感!?

このバイオネットを使用している期間、あることに気付きました。寝る直前に使用すると翌朝の目覚めが快調なのです。気のせいかと思い、使用したりしなかったりでどのような差が出るか検証してみた結果、やはり圧倒的に使用した翌朝の目覚めのほうが良いのです。

赤色の光で脳細胞が深い眠りにつきやすい状態になったのではないかと思いますが、詳細は今のところ不明です。青い光を避け、赤い光を取り入れる、、これが睡眠改善に効果的ということを実感できました。

 

花粉症って本当につらいですよね、、、なかなか有効な改善策が見つからずに、半ば諦めてしまっている人も多いのではないでしょうか。バイオネットの効果に個人差はあるとは思いますが、試してみる価値はあると思います。また、睡眠の質が向上するというのもうれしい副作用です。これからも花粉症対策のトピックは追及していきたいと思います!

 

「バイオネット 花粉・鼻炎対策」をAmazonで購入

 

 

 


geefeeコンセプト

身体と心の健康を高めていくための実践的方法とその理論的背景を分かりやすくお伝えする健康情報サイト。完全オリジナル記事を無料で提供しています。どこの企業系列にも属さない独立の法人であるgeefeeは、ユーザーの心強い味方です。外部からの影響を受けず、商業的インセンティブも絡まない――だからこそgeefeeは信頼できる情報を皆様に提供し続けることができるのです。

geefeeで推奨している健康習慣は、低糖質ダイエットや糖質制限やパレオダイエットなどの食事法、スーパーフードやサプリ、予防医学の考え方など、世界の最新の健康情報に基づくもの。無理なく実行でき、効果が実感できたものだけを継続する。このプロセスを積み重ねていくことで、あなたの健康IQはどんどん上がり、自分だけの健康ライフスタイルが自然とデザインされていきます。あなたもgeefeeと共にヘルシーな上昇軌道に乗ってみませんか?