Skip to navigation メインコンテンツに移動
連載コラム カナダ在住薬剤師が伝授!実践サプリ講座(13)更年期障害に効果的なサプリメント
2  

連載コラム カナダ在住薬剤師が伝授!実践サプリ講座(13)更年期障害に効果的なサプリメント

 

女性として生きていて避けては通れないものに生理と更年期があります。これらは体の調子を変化させ、時には生理痛やホットフラッシュなど身体の不調をもたらします。これらの女性特有の体調不良には体内のホルモンバランスが大きく関係しているので、その出方に個人差が大きいのも特徴です。 

生理痛は鎮痛剤などの薬でコントロールしている方も多いでしょう。でも更年期障害はどのような対処法があるかあまり知られていないと思います。薬物治療で十分な効果が得られないこともあり、とっても複雑な理解しにくいものだといえます。私の住む北米ではこの更年期障害に悩む女性が多くいます。私の働く薬局でも更年期障害の薬(主にホルモン剤)が多く調剤されており、北米では更年期の女性にとってこれらの薬なしでは更年期がとても辛いものとなるようです。また、ホルモン剤は副作用の心配もあるので、更年期障害の症状を少しでも緩和させようと薬と共に様々なサプリが流通しているのです。

 

更年期障害の主な症状は以下の通りです。

  • ホットフラッシュ
  • 寒気と発汗(夜間に多い)の繰り返し
  • 不眠
  • 気分の変動
  • 体重増加
  • 膣乾燥

等々。

そういった更年期障害に効果があるといわれているサプリを紹介します。

 

ブラックコホッシュ

このサプリは北米において更年期障害に対して最も広く使用されているサプリだと思います。このハーブにはポリフェノールなどのフィトケミカルが含まれ抽出液には植物エストロゲンとしての働きもあり、昔からアメリカの原住民族の間で婦人病などの治療に用いられてきた歴史もあります。
根と茎部分が使用され、粉末、抽出液、カプセルと様々なタイプで服用することができます。

最近の研究では体内のホルモンに重大な影響を及ぼさずに更年期障害症状を和らげるという結果も報告されています。
北米ではエストロゲン等のホルモン剤が更年期障害に悩む女性に長期にわたり処方されているのが現実です。ホルモン剤は長期使用すると副作用もあり、このホルモン剤の代替療法または補助療法として植物エストロゲンの働きがあるブラックコホッシュの使用が多くの医師により支持されています。

通常摂取量) 160㎎/日

引用文献 [#]Wuttke W, Et al. n.d. “Phytoestrogens: Endocrine Disrupters or Replacement for Hormone Replacement Therapy? - PubMed - NCBI.” Accessed June 5, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12609555?dopt=Abstract.  [#]“Office of Dietary Supplements - Black Cohosh.” n.d. Accessed June 5, 2019. https://ods.od.nih.gov/factsheets/BlackCohosh-HealthProfessional/.  [#]Leach, M. J., and V. Moore. n.d. “Black Cohosh (Cimicifuga Spp.) for Menopausal Symptoms. - PubMed - NCBI.” Accessed June 5, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22972105.

 

カバ抽出物

カバは南太平洋諸島原産でコショウ科の植物です。歴史的にはリラクゼーションのツールとして使用されてきました。カバに含まれるカバラクトンには抗不安、鎮静、睡眠薬と似た作用を持っており、不安症のハーブとして用いられていますので、更年期によって起こる気分の変動や不眠に効果的であるのではないかと研究が進められています。

ただし、肝障害などの副作用も報告されており、妊娠中授乳中の女性は禁忌のサプリですので、服用前には医師や薬剤師に相談をしてから服用を始めた方がいいでしょう。

通常服用量)70-250㎎/日

引用文献 [#]Sarris J, Et al. n.d. “Kava for the Treatment of Generalized Anxiety Disorder RCT: Analysis of Adverse Reactions, Liver Function, Addiction, and Sexual Effects. - PubMed - NCBI.” Accessed June 5, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23348842.  [#]De Leo, Et al, V. n.d. “[Assessment of the Association of Kava-Kava Extract and Hormone Replacement Therapy in the Treatment of Postmenopause Anxiety]. - PubMed - NCBI.” Accessed June 5, 2019. www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11085051.

 

セントジョーンズワート

セントジョーンズワートは西洋オトギリソウとも呼ばれ、ヨーロッパや北アメリカで軽度か中度の鬱症状に広く使用されています。更年期障害や生理前のイライラにも効くといわれ、そのリラックス効果を利用してハーブティーの形でも服用されています。薬理作用はまだ研究段階で明確には分かっていませんが、その抗うつ効果は多くの研究で発表されており、ヨーロッパ諸国では抗うつ薬として処方もされているくらい。最近では更年期障害の主要な症状であるホットフラッシュに効くという結果も発表され、ブラックコホッシュとの併用でより効果が増強されホルモン剤にかわる更年期障害改善サプリとしてとても注目されています。

服用量)350-1800㎎/日

引用文献 [#]Abdali K, Et al. n.d. “Effect of St John’s Wort on Severity, Frequency, and Duration of Hot Flashes in Premenopausal, Perimenopausal and Postmenopausal Women: A Randomize... - PubMed - NCBI.” Accessed June 5, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20216274.  [#]“Questions and Answers: A Trial of St. John’s Wort (Hypericum Perforatum) for the Treatment of Major Depression.” 2011. NCCIH. November 11, 2011. https://nccih.nih.gov/news/2002/stjohnswort/q-and-a.htm.

 

マカ 

マカは南米ペルーに植生するアブラナ科の植物で、ペルーの温度差が激しい過酷な自然環境でも逞しく育ちます。ペルーでは根の部分を食用とし、粉にしてパンケーキなどに使われています。マカに含まれているベンジルグルコシノレートという成分に期待されている薬理効果として、男性機能の改善や不妊改善などが挙げられており、マカ摂取による性に関する有意な改善が様々な研究で発表されています。最近では更年期障害の症状である不安症や鬱病またストレスから生じる若年性更年期障害にも効果があるという報告もあります。ある研究では、マカ抽出液投与によりラットの骨密度の低下の抑制が見られたと発表されており、更年期障害による骨粗粗鬆予防にも有益ではないかと考えられています。

通常摂取量)1500-3000 mg /日

引用文献 [#]Zhang Y, Et al. n.d. “Effect of Ethanol Extract of Lepidium Meyenii Walp. on Osteoporosis in Ovariectomized Rat. - PubMed - NCBI.” Accessed June 5, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16466876.  [#]Brooks NA, Et al. n.d. “Beneficial Effects of Lepidium Meyenii (Maca) on Psychological Symptoms and Measures of Sexual Dysfunction in Postmenopausal Women Are Not Related ... - PubMed - NCBI.” Accessed June 5, 2019. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18784609.  [#]“「健康食品」の素材データベース” Accessed June 5, 2019. https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail60.html

 

更年期障害の症状がひどいと毎日が本当に辛く、日常生活に大きな支障が生じます。欧米人の多くはこの更年期障害に関しては我慢をせずすぐ医療機関でホルモン剤などの治療を始めます。私たちアジア人は欧米人と比べると比較的更年期障害の症状が軽いと言われていて我慢しがちなのですが、サプリなどを利用して快適な更年期を過ごせるかも?

 

 

著者プロフィール

-マイルバガナム-
2004年からカナダ在住。薬剤師として働いている二児のママ。複雑な家庭環境で育ったため、幼少の時から哲学、思想に興味があり、自分自身の心身を保つ為いつも心に栄養がいくような生活を送れるように意識している。身体と脳が喜ぶ食事に興味があり。自分でできる範囲のホールフーズダイエット実践中。