Skip to navigation メインコンテンツに移動
海外でも高評価?日本が誇るスキンケアオイル「馬油」の効果は?
3  

海外でも高評価?日本が誇るスキンケアオイル「馬油」の効果は?

geefee ポイント geefee ポイント

・長い歴史を持つ馬の脂で作られた馬油とは?
・100%動物性油脂の馬油の特徴とその効果
・馬油のオレイン酸とパルチミン酸に期待できる保湿効果
・ワセリンではなく馬油を選ぶべき理由

 

日本には昔から健康に良いとされている伝統食や効果があると信じられている健康法がさまざまあります。しかし、その多くが日本だけで浸透し続けているガラパゴス的な健康神話であったりすることについてはgeefeeで度々紹介してきました。でも、これらの日本の伝統的な健康法の中には、大企業の誇大広告で宣伝されている新しい商品に埋もれて忘れられかけていながらも、実は安全で効果が期待できる優秀な伝統的な健康法もあるのです。その1つが馬油。最近一般にはあまり見かけない馬油ですが、海外では結構評判が良いのです。今回は、この馬油の有効性についてフォーカスしていきます。

 

馬の脂で作られた馬油とは?

文字通り、馬の脂で生産されている馬油。約4000年前の中国が発祥で日本には約400年前から使用されていると言われていますが、最新のスキンケア商品などと比べると結構地味な存在ではありますよね。海外のファッションや健康メディアをはじめ、さまざまなレビューや文献で、馬油のスキンケア効果が近年発信されています。
 

 

馬油の特徴とその効果とは?

・100%動物性油脂

馬の皮下脂肪を原料とした動物性油脂の馬油は、化学物質を使用しない100%天然オイル。その他100%動物性のスキンケアオイルはサメ由来のオイルくらいしかなく、天然素材にこだわる人に適したオイルです。一番身近な100%天然動物性油脂と言えます。

    
・オレイン酸とパルチミン酸の保湿効果

馬油には不飽和脂肪酸のオレイン酸と飽和脂肪酸のパルチミン酸が豊富に含まれています。この2つの脂肪酸は、肌の乾燥や過敏症を改善する効果、また保湿剤として肌に機能すると言われています[#]“Oleic Acid.” n.d. Accessed April 14, 2021. https://www.paulaschoice.com/on/demandware.store/Sites-paulaschoice_us-S....  [#]“Palmitic Acid.” n.d. Accessed April 14, 2021. https://www.paulaschoice.com/on/demandware.store/Sites-paulaschoice_us-S.... 。また、馬油には、保湿性が高く皮膚への浸透性が優れている不飽和脂肪酸のリノール酸とリノレン酸も含まれていることからエモリエント剤(皮膚からの水分蒸散を抑え肌の潤いを保つ作用)としてスキンケアに効果が期待できます。

しかし、比較的酸化に弱い不飽和脂肪酸のリノール酸とリノレン酸も含まれているため酸化安定性は動物性油脂の割にはやや低め。馬油はできるだけ光の当たらない場所で保管しましょう[#]“馬油とは…成分効果と毒性を解説.” n.d. Accessed April 14, 2021. https://cosmetic-ingredients.org/base/%E9%A6%AC%E6%B2%B9%E3%81%AE%E6%88%.... 。日焼け止めとしては効果は期待できないので注意。むしろ、日焼けや軽い火傷等の皮膚のダメージに効果が期待できます[#]Kawasaki, Yuri, Mizuho Fujita, and Shigeyuki Yamada. 2007. “Horse Oil Effect on the Skin by Topical Application.” In Proceedings of Annual Meeting of the Physiological Society of Japan Proceedings of Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, 244–244. PHYSIOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN.

 

ヒト皮脂の脂肪酸組成と近似

皮脂の主成分である不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸ですが、ヒトと馬油はこの脂肪酸組成バランスが似ているため人の肌になじみやすいと言われています[#]“馬油について.” 2014. March 4, 2014. https://junbayu.com/campaign/233. 。以下の表で分かるように、スキンケア製品として頻繁に使用されている植物性油の椿油と比較しても一目瞭然です[#]“馬油とは…成分効果と毒性を解説.” n.d. Accessed April 14, 2021. https://cosmetic-ingredients.org/base/%E9%A6%AC%E6%B2%B9%E3%81%AE%E6%88%....

 

  不飽和脂肪酸 飽和脂肪酸
馬油 約 63.6% 約 34.2%
ヒト 約 56.0% 約 35.0%
椿油 約 88.8% 約 10.4%

 

 

 

アレルギー発生は稀。

気になるのはアレルギー反応。ある研究で行ったヒト皮膚感作性試験(ヒト皮膚のアレルギー反応を調べる試験)では、アレルギー性、皮膚刺激性がないということが報告されています[#]“品質と安全性.” n.d. Accessed April 14, 2021. https://www.yakushido.com/quality/safety01.html. 。安全性は高いようですが、ごくまれに痒みや赤いほてりが発生することもあるので、少し異変を感じたら使用を控えめに[#]“馬油とは…成分効果と毒性を解説.” n.d. Accessed April 14, 2021. https://cosmetic-ingredients.org/base/%E9%A6%AC%E6%B2%B9%E3%81%AE%E6%88%....

 

石油製品であるワセリンはやめて馬油を。

よく比較されがちなのが、ワセリンと馬油。どちらもある意味天然由来ではありますが、馬油は動物油脂由来でワセリンは石油(鉱油)由来。比べること自体がナンセンス。ワセリンを含んだ石油由来の製品は、発ガン性物質でヒト組織に蓄積することが指摘されているMOAH(鉱油芳香族炭化水素)で構成されています。以前の記事でワセリン(石油)やミネラルオイル(鉱物油)の問題についてお伝えしているので是非参考ににしてみてください。

【関連記事】「多くの軟膏やコスメに使用されているこの原料を避けるべき理由―ワセリン(石油)やミネラルオイル(鉱物油)の問題。

 

 

100%馬油由来の製品を使用しよう。

馬油はドラッグストアーやオンラインなどでも購入できますが、注意したいのがその品質。馬油配合という製品の多くは香料や酸化防止剤などの化学物質が配合されています。リップスティック、シャンプー、石鹸頭幅広く販売されていますので、天然素材にこだわる人は必ず100%馬油由来の製品を購入するようにしましょう。
 

 

まとめ~海外でも高評価?日本が誇るスキンケアオイル「馬油」の効果は?~
簡単に手に入るスキンケア製品の多くに化学物質が含まれていますが、実は、ドラッグストアーなどで比較的簡単に手に入れられる馬油は、その安全性も高く安心して使用できる100%天然素材。少々古臭い印象がありますが、健康に悪影響のある化学物質で構成されているワセリンや誇大宣伝されているその他のスキンケア商品を使用するくらいであれば、ヒト皮脂に近い馬油を使用してみて経過観察をしてみるのも良いでしょう。重度な皮膚炎や皮膚障害などの場合は必ず医者に相談してくださいね。

コメント

コメントを追加