Skip to navigation メインコンテンツに移動
シリコンバレーで話題!古代の英知ストイシズムが現代の人生の苦難を乗り切るのに超有効
2  

シリコンバレーで話題!古代の英知ストイシズムが現代の人生の苦難を乗り切るのに超有効

 

多くのハイテクやインターネット関連企業の拠点のシリコンバレーで、ここ最近、話題になっていて多くの凄腕のプロフェッショナルたちに実践されている哲学「ストイシズム」をご存知ですか?2000年の時を経て再び注目をされ始めた古代の思想と現代の心理学とが結びつき、技術者や経営者などに精神的な回復力やストレスへの耐性が実現できるといわれています。今回は、この精神ハッキング法であるストイシズムを解説します。

 

ストイシズムとは?

ストイシズムは、キプロス島のゼノンが前3世紀初頭に創始したギリシャ哲学の一派。世界史の授業では「ストア哲学」と呼ばれており、古代ローマの五賢帝の一人であるマルクス・アウレリウス皇帝も有名なストイシズムの思想家でした。一種の精神的態度で、喜悦や悲哀の感情を圧伏し、平静に無関心な態度で運命を甘受する人世観を持ち、生きるための最善の方法を実践できる、という哲学です。

情念に乱されない、内なる理性に従う生活を理想とするこのストイシズムは、ストイックという言葉の語源。日本語でのストイックという響きは単に自分を抑えつけたり厳しくするというイメージがありますが、ストイシズムはよりそこに幸せを求めるとても前向きな考え方です。ストイックに我慢をする、というよりは、苦しみを認識したうえで欲求を抑え今あるすべてのことに感謝をすることで、人々を助け、またそれが世界に善をもたらすという考えに基づいています。

 

ストイシズムの4つのポイント
 

  1. 周りのできごとが自分でコントロールできることかそうでないかを判断する

    自分でコントロールや解決できないことが常に周りで起きています。そういったできごとによっていちいちイライラし、エネルギーは消費され、否定的な感情が生まれがち。これらのできごと自体をコントロールすることはできなくても、自分自身の態度や心境はコントロールすることならできます。

     

  2. ものごとが自分にとって「良いこと」か「悪いこと」かに分類せず、すべて「チャンス」と考える

    「塞翁が馬」という故事成語があります。一見良いことのように思えたことがその後悪いことを招いたり、悪いと思ったことが結果的に良いことにつながったり、人生はわからないよ、という意味ですよね。つまりものごとには本質的に自分に良いとか悪いとかはないため、前向きに考えるのが得だということです。ストイシズムでは、どんなに不幸な状況になったとしても、それは自分を成長させるチャンス、と考えます。そうすれば、どんな逆境に遭ってもより強くなって蘇る不死鳥になれると。

     

  3. 大切な物や人を失った時のイメージをする

    自分が現在持っていない、または手に入れたいものを想像して求めるのではなく、現在手にしているものを失った時のことを想像することで、いかに現状に感謝すべきかを常に意識します。また、大切なものはいつかは失われてしまう、との考えから、その大切なものがなくなった自分を想像することで、いざそれが本当になくなったときに心の準備ができていることになります。これを発展させて、財産を一切失ったかのように一日だけ生活してみると、恐れていたほどその生活は悪くなく、平時において財産を失うことに対する恐怖感をなくすことができる、という知恵もあったります。(なかなか実践は難しいことですが!)

     

  4. 自らの死と常に向き合う

    我々は誰でも自分がいつ死ぬかわかりません。常に死が訪れてしまう可能性を念頭に置き、いつ死んでも悔いがないように、毎日精一杯意義深く生きることを唱えます。
     

 

 

いかがでしたか?深いですよね。もともと、今と比べるととんでもなく安定していない世の中だった古代において、ストイシズムはその中で何とかたくましく生きるための知恵として編み出されました。現代においては、暴力とか戦争ははるかに少なくなったものの、全ての人がその人生の中で必ず試練や逆境や深い悲しみを幾度も味わうということは変わっていません。人生の荒波を上手に乗り越え、その経験によって以前の自分よりも強くなっていくための知恵がストイシズムなのです。また、ストイシズムの考え方を実践することで、生きているこの瞬間を大切に生きるようになり、これが他人との接し方にも変化をもたらし、お互いがお互いを尊重する社会を築きあげることができるのではないでしょうか?アメリカで実践している人が急増しているこのストイシズム、日本でもこれから話題になる予感!