Skip to navigation メインコンテンツに移動
睡眠中のベッドの温度管理に強力な味方
7  

睡眠中のベッドの温度管理に強力な味方

 

良質の睡眠の重要性はgeefeeユーザーの皆さんはもうご存知の通り。熟睡のための重要な条件として、気温の管理が挙げられます。夏の熱帯夜に寝苦しかったり、冬は手足が冷えて寝れなかったり風邪をひいたり、みなさん経験ありますよね。かといって夏に冷房をかけ過ぎると「冷房病」になったり結露してカビが生えたり、冬に暖房をかけ過ぎるとを乾燥で喉を痛めたり。なかなか難しいものですよね。また、個人個人によって快適と感じる温度が違いますので(男性の方が低い温度を好む傾向があります)、夫婦が共に快適と思う温度をエアコンで保つのは至難の技。結局どちらかが我慢することになって夫婦喧嘩の原因になったり。

この睡眠中の温度管理の問題を見事に解決した、と今アメリカで話題の画期的な家電製品が「chilipad(チリパッド)」と呼ばれるもの。ベッドの大きさの薄いビニールのマットをベッドのシーツの下に敷いて、その中を一定の温度の水が循環します。このマットはホースでキューブ状の機械につながっており、この機械が水を温めたり冷やしたりし、指定した温度の水をマットに循環させるのです。この上に寝ることで、夏はひんやり、冬はポカポカ。温度は個人の好みで自由に設定できる優れものです。作動音も、よほど敏感な人でなければほとんど気にならない程度。

うちでも一年ほど使っていますが、これは本当によくできた製品だと思います。温度の問題で寝苦しくなることはほぼなくなりました。おかげで就寝中に冷暖房を使う必要が全くなくなり、電気代も節約できています。寝ているときは部屋全体を温度管理する必要はないわけで、布団の中の自分だけが快適な温度であればよいのですから、この製品の考え方はとても合理的ですよね。水が足りなくなると自動停止しますので、マットの水の容量が安定しない最初のうちはときどき水を継ぎ足したりしないといけませんが、だんだんそういった問題も減り、うちのチリパッドは今ではとても順調に働いています。

ベッドの大きさに合わせて色々なサイズバリエーションがあります。また、二人用ベッドの左右で違う温度に設定できるタイプもありますので、円満な夫婦関係維持には特に有効かも。値段は一人用のサイズで10万円を超えるので安くはありませんが、その快適さと電気代節約効果から、geefeeとしてお勧めできる製品です。アマゾンで買えます。

「ChiliPadデュアルゾーン冷却、加熱マットレスパッド」をアマゾンで購入