Skip to navigation メインコンテンツに移動
海外に郵送先住所を持つ方法
0  

海外に郵送先住所を持つ方法

 

インターネットでの買い物の際に、海外に郵送先の住所があってそこから日本の自宅に転送してくれるサービスがあったらなあ、と思ったことありませんか?海外の売主には様々な理由から自国内の住所にしか郵送しない業者が多いです。せっかく素晴らしい商品が見つかったのに、日本に郵送してもらえない!というのはとてもがっかりするものですよね。
 
一部のサプリや食品や医療機器などは日本の輸入規制にひっかかるため日本に直送してくれない、という場合もあります。でも、そうした規制がない商品でも、アメリカのように自国の市場が大きい場合には、海外の買い手を相手にしなくても、自国内で十分商売が足りてるから、わざわざ外国人相手に商売する必要がないので対応していない、という場合も結構多いのです。
 
それでは、どうしても欲しい商品が日本に直送してもらえない場合にはどうすべきか。強力な助っ人があります。郵便物の転送業者です。ご存じないかたも多いと思いますので、今日はこれをご紹介しますね。
 
これらの業者のホームページで名前や日本での住所などを登録すると、米国などの外国に、自分の名義で使用できる郵送先住所が即座に設置されます。この住所を、まるで自宅の住所であるかのように、買い物の際に送付先として入力すればいいのです。この住所に荷物が届くと、Eメールで業者からすぐに連絡が来ますので、あとは転送のための費用や使用する配送業者などを画面上で確認し、カードで支払いすれば、あとは日本で到着を待つのみ。業者への手数料は発生しますが、人気の業者はリーズナブルで明朗会計な場合が多いです。
 
海外のバイオハック用品を頻繁に購入する私がよく利用しているのがreship(www.reship.com)という業者。この業者の米国からの転送サービスを何度も利用していますが、今のところ特に問題もなく、スムーズで迅速に商品が日本の自宅に届いています。同じ業者でカナダや英国の住所も設定できるようです。geefee point character コメント ! 私が最初にこのreshipを利用したきっかけは、どうしてもこの商品を取り寄せたかったため。https://www.bulletproof.com/products/whole-body-vibration-plate ときどきジムで見かけるバイブレーションプレートの効用についてはまた記事で取り上げたいと思っていますが、自宅でも簡単に使える左記の商品はなかなかの優れものです。 
 
もちろん、日本への輸入が規制されているものや、関税のかかるもの、あるいはものすごく高価なものなど、個別には購入者の自己責任で管理する必要があります。でも、”We do not ship overseas”と外国人にそっけない売り手の場合でもこのような策で対応できる可能性があることを知っておくととても便利ですよ!