Skip to navigation メインコンテンツに移動
低糖質のために私がまずやったこと
7  

低糖質のために私がまずやったこと

 

こんにちは!geefee saokoです。

今回ははじめてのブログで書きたいことが山積みすぎて逆にわからなくなり、初心に帰ってgeefee に入社して以来、一番はじめに健康な心身を取り入れるためにはじめたことな何かな、と考えたときにまず私がしたことを書きます。

それはズバリ”白砂糖の摂取を意識して減らす” と “コンビニで食べ物やお菓子を買わない” でした。

それまでの私は、自炊もあまりしていなく、特に夜炭水化物やコンビニスイーツやスナック菓子を夜遅くに食べる悪循環に陥ってました 汗

自分でも過食しているな〜と焦っていたので、すこしネットで調べたり、ダイエットアドバイザーのお友達にアドバイスを貰ったりしてとにかくコンビニからは遠ざかり、甘いものが食べたい時は自分で簡単な低糖質のカッテージチーズのケーキを炊飯器やオーブントースターで焼いたものを食べたり(甘味料は白砂糖以外の天然のもの。ラカント やココナッツシュガーを使っていました) 、焼き芋、カカオ含有量85%以上のダーク•チョコレートを甘いものへの渇望が湧き上がったときには食べていました。

1年たっていま、どうなっているかというと自分でもあまり意識していなかったのですが、いま甘いものへの昔のような強い渇望はほぼなくなった気がします。

それは低糖質のチーズケーキをつくることも、あまりなくなり、暑さのせいもありますが、さつまいもを食べる機会も減ったからです。
ダークチョコレートに関しては、冷蔵庫に一枚、ヨーロッパ産の物を買っていれておいて小腹が空いたなーというときに2〜3片 たべると満足できるようになりました。

他にもこの一年を通して、食生活や栄養面を見直して変えて行ったこと、実践中のことはたくさんありますが、まずは私流の低糖質ライフの始め方を書いてみました。

はじめは我慢ばかりでできない、ツライと思っていたことでも一年経ったらふと気がついてみるとできている、、ということもあるんですね〜。

あと、食生活は持続可能でストレスを溜めないためにも時々自分にご褒美に外食した時には低糖質ではない、デザートを頂くこともありますがそれは毎日の低糖質を心がけた食生活の励みになること、とプラス志向にとり”食べてしまった”という罪悪感を持たないようにしています。
これが割とよくて、昨日レストランでデザートをたべたし…と、次の日に家で何を食べるかをきちんと考えるきっかけになったりします。

 

糖質過多の生活からまずは白砂糖を減らすことを約一年間続けてみて自分で感じた体調の変化。
① お肌が綺麗になった
② あまり怒らなくなった
③パンをあまり食べたいと思わなくなった

 

この三つが一番わかりすい自分にとっての変化です。
いまはさらに踏み込んで栄養のことや食事の仕方について日々試行錯誤は続いていますが、確実に特に私にとってはメンタル面には低糖質は良い影響をおよぼしてくれるみたいです。

健康的な食生活を送りたいけれど、どこから手をつけたらよいかわからない、というひとは何か一つ、目標を定めてみるのはやりやすいとおもいます。迷ったら、まず”白いお砂糖を減らす” から入ってみるのはおススメです。
引き算なので、何も新しく準備する必要もないですしネ。ではまた!

geefee  saokoでした